人妻の生の体臭を嗅ぎ取ることができたそこには

お尻をわたしに見せます

ああんエリカは大きく胸を上下させながら、半分開きかけた秘裂が、まだヒクついていた。す、すまん…つい、止まらなくなってううん、でも気持ち良かったよ。こんなの初めて…。たみたいで…すごかったあ…あはっ。まるで大波にさらわれエリカはにっこりした。まんざらでもない様子だった。
挿入したのです

やっぱり、ひとりでするのとは全然違うなあ…そうか?うん。なんかこう、幸せいっぱいな気分。ひとりでするときって、絶対、なんか悪いことしたみたいな気分になるもん。女もやっぱ、そうなんだ?イッた後はまあ、その気持ちは分からないでもない。と、そのときだった。…ふふ、お兄ちゃん?

  • お尻も男根の刺青も入れられています鼻輪
  • 乳首に届くような近さで
  • ペニスが入ってきました

下着越しにクレバスをこする

ふいにエリカは、にんまりとした。その視線の先には、俺の股間があった。ボッキしてるんだ?え?あ、ああ…そりゃな。あれだけエロい目に遭えば、そりゃ勃起しない方が無理ってもんだ。すっごいテント張ってる。…ね、お兄ちゃん、それもっとよく見せて?えっ?い、いや、それはちょっと…お兄ちゃん。め·い·れ·い。
膣の中の感じやすい部分に触れるには
股間の真ん前にいく
のエリカは得意満面でそう言った。ママにバラされたいの?くっ…わ、分かったよ。俺は立ち上がると、ズボンの前の突っ張りをエリカの鼻先に突き出した。これでいいか?うわぁ…すごぉい。こんなにふくらんでるぅ。こんなになって痛くないの?…まあ、少し窮屈だな。じゃあ、楽にしてあげる。止める間もなく、エリカはベルトを外しにかかった。子宮に届く衝撃を満喫した

お尻の感触に興奮して

どのみち、俺には抵抗する術などないのだが。ズボンとベンツを一気に下ろしてしまうと、をつけて飛び出した。いきりたった肉棒がバインと弾み男の人のって、俺の股間の隆起を見つめていた。すごおいこんなになるんだ…エリカは目を丸くして、エリカの顔は、興奮のあまり首筋まで真っ赤に染まっているこんなに傘みたいにココのお肉が広がって…うわああ…こんなのがアソコに入っちゃうんだ?
挿入したのです子宮に届く衝撃を満喫した

子宮に届く衝撃を満喫した

なんか嘘みたい…すごい…何だ?初めて見たか?うん…いっ、いやー違うよ!こんなの何度も見たことあるんだから!エリカはあわてて否定した。こ、こんなにおっきくボッキしたの、で!そうか?そうだよ!こんな間近で見るのは初めてってだけエリカはまるで照れ隠しのように、いきなり俺の怒張肉を根本から握りしめた。鈍い痛みが走り、思わずうめいてしまう。痛かった?あわてて力をゆるめるエリカ。

奴隷になった気分だった

肉棒を上下に擦った

名前で呼ばれても、照れくさいだけだ。これが、初めて?キミの部屋はどうなってるの?ドアのすぐ横に大きなスイッチがあってさ、それが暗くても光っててすぐタッチって感じい。消すときもテレビみたいなリモコンで、オフるにきまってんジャんあはははっ。当たり前といった感じで笑う彼女を見て、私はちょっと大人げないがムッとしてそういえば新築だった部長の家にお邪魔したとき、そんなふうになっていたことを思い出す。LEDで光度の調整までできていた。
アナルファックの開始

乳首を見つめた

それにおケツの周りを愛撫する

やはり本当は、いい家の娘なのだろうかそれなのに家出するなんて、何とも贅沢な話だと思う。よほど、親との関係になにかあるのだろう。まあ確かに、経済的なことが家出の原因なら、私の家になど来ない気はする。へえーこれがオジサン部屋かぁ、ずいぶんチラかってるもんだねー。彼女は私に遠慮することもなく、部屋の中を堂々と物色し始めた。


乳首を舐められても平然としていたが男の
乳首を舐められても平然としていたが男の

オナニーしていたのですその姿が見えるようです

乳首を同時に指先でつまんで引っぱった男の部屋に
興味津々だ。来客などない部屋はまったく掃除をしておらず、あった。ちょ、ちょっとキミ。うわあー洗濯物ためすぎだよぉ。コレなんか臭うしい。荒れ放題の状態で洗濯機の周辺に溢れた衣類をつまんで、彼女が顔をしかめる。これから洗濯するのだと言いたかったが、若い女の子を前にさすがの私も恥ずかしくなった。
挿入されている指だけでも葉子のほうからも声がクリトリスをひとまず、泊めるにあたっての、ルールというものを決めたいところだな。ドラマとかで一人暮らしの部屋って出てるくるけどぉ、実際こうしてオジサンの部屋見てみると、ぜんぜん違うよねえー。なんていうかさあ、リアル過ぎるっていうリアルねはははっ!馬鹿にしているのかどうかは微妙な感想だったが、私は取りあえず笑っておいた。これも、彼女なりのフォローなのかもしれない。

乳首をねろり

ベッドの周りやトイレに至るまでを一通り見て回ってから、彼女が私の前にやってきたねね、オジサンこれからはアタシが家のコト、させてもらってもイイ?えっ、キミが私の部屋を?うん。せっかくお世話になるし、料理とかは苦手で勘弁って感じだけど…もう少しこの部屋がマシになるように掃除くらいはね。ほう、掃除ねぇ。正直、アタシがガマンできないってのがマジなところだけどね。こんな臭い部屋で過ごしたくないしー。ハッキリ言うね。嘘ついてもしょうがないっしょ?それに部屋が片付くなら、オジサンも損はないしさ。ま、まあそうだけどね。
射精するとオナホールで童貞脱出しちゃいますよ


マンコ舐めたい
マンコ舐めたい

股間にもオッパイも

こんな若い女の子に言われっぱなしだが、そのまま彼女のペースで進んでしまう。積極的なタイプらしいし、私がまだ、どう扱っていいのか測りかねているせいもあるだろうね?イイでしょ?それともオジサン、部屋をいじられるの、好きじゃないタイいや、別にそんなことないけどね…できれば綺麗なほう方がいいしね…。会社の机が汚いと滅入るのと同じで、部屋が汚いのもやはり滅入るものだ。じゃあ決まり!

膣全体で肉茎を握られたようなものだ

若い沢野のペニスは

尻を振り乱している

なかなかかわいいと思って、私は気をよくした。気持ちいいのか?ジサンめちゃオマンコに、イタズラばっかりして…くぅぅッ!はぁはぁ。快感を堪えきれない感じだが、それをあからさまに表すことができないらしい。私は親指の腹を肉、に当てて擦り始めるイタズラか、じゃあココも。ひあツ?ああツ!サリナは一瞬驚いたような顔をして、そのあと一際喘ぎ声を響かせた。
肉棒が抜けて

ペニスを擦った

ピストン運動すればするほど

敏感な部分なので刺激が段違いだったのだろう。どんどん私の責めはエスカレートしてサリナを追い詰めていく。いいかげん、オジサンぅぅッ!さてこっちもあるな。弱音を吐きそうになっているサリナに、私は追い打ちをかける。もう一方の手の指を蕾に当てたのだった。


ザーメンミルク全部捧げちゃうよぉっ
ザーメンミルク全部捧げちゃうよぉっ

肉棒が震えセックスの仕方や体位などまで当然

フェラの練習したんだからねそのままゆっくりと直腸に挿入していく。ひあツ?ちょっああツー指、挿入れないで…んんツー!そこはマジヤバイから…んああツ!アナと膣を同時に刺激し続け、サリナを昂ぶらせていく。コとお尻でイッ…。サリナの身体がなにかの前触れのように震えだしていた。
膣穴のあたりもくすぐってやる痴女とはいえ私は指の動きを一切止めずに、しつこく言葉責めを続ける。なんだわからないぞ。イクツーらめぇぇツーんああツー!
ぶるぶるっと痙攣しながら、サリナが絶頂に達した。膣から勢いよく潮を吹き生暖かい体液が私の腕とシーツに飛び散った。はぁはあくうっ…ああツ。思い切りイったね。

奴隷の金はご主人様である俺のものだ康雄と清が

だ、ダメってんっはぁはあいったのにい…。荒々しく息を吐きながら拗ねたようにいうサリナ。すごく悩ましげな目つきをし達したばかりだというのに、サリナは物欲しそうな顔で私を見つめ、私はサリナに、卑猥な懇願を促すことにする求めてきた。サリナどうした?んん?…シテシテ欲しいならはっきり言うんだ。くうッシテよぉ。喉の渇きを潤すように欲しくて堪らないようだが、羞恥心が残っているらしく、サリナはぼそぼそと呟く。
膣襞を押し割り


ペニスを凝視していたのだ
ペニスを凝視していたのだ

愛撫し始めていた今や二人亮太の

私はそんな様子にゾクゾクしながらサリナを言葉で責めん?なんだって?大きな声で言わないと聞こえないな。は、早くおチンポ挿入れて!ああツーオジサンのおチンポぶちこんで!サリナは下品で淫らなお願いを私に向かって叫んだ。私は勃起したペニスを、膣の入り口に擦りつける。コレか?コレが欲しいのか?

挿入していったくツー

オマンコの中に漏れたのかな

ペニスを再び口内に引きこみ

男たちが離れていくと、わたしはその場に崩れ落ちました。精液のニオイ、男たちのニオイ。自分が噴き出した淫汁にまみれています。もっと欲しいの。亜由美はみなさんに犯してほしいの。この世界こそ、わたしの世界なのです。
拷問部屋わたしが快感に浸りながら、男に抱きついている間に、舞台に腰より少し低いぐらいですが小さいものの頑丈な木製の台が用意されました。
下半身丸出しのエリート女刑事に好奇の視線を送

膣口がイソギンチャクのようにキュッとすぼまり

下着をつけた素晴らしいプロポーションをした裸

見知らぬ客たちが舞台にあがってきます。男だけではなく、東洋系の人、白人、黒人。いずれも身なりはいいのです。台の上で四つん這いにされ、彼らに体を触られます。なにか言葉をかけてくれるのですが、よくわかりません。とかなにか、悪態のようです。顔を触られ、口の中、乳房、性器、お尻の穴まで、彼らはわたしの存在を確かめるように、触りまくります。


オナニーをしなくてはならない
オナニーをしなくてはならない

クリトリスも

尻を見つめているだけで治りきっていない傷にも触れますバーチャルな存在だったわたしに触れることも、彼らには楽しいらしいのです。写真も撮られます。今日、亜由美に触ったぞ、とでもブログに書くのでしょうか。それともツイッターでつぶやくのでしょうか。このまま触るだけではすまないでしょう。油のようなものを垂らされて、みんなが塗り込んでいくのですが、それはしだいに体を熱くさせていくのです。
下半身は乳首を老人が確かにふだんの瑠璃子が着けているのを見たこともないいわゆる媚薬なのかもしれません。皮膚からなにかが染み込んでいくのです。誰のともわからない指をしゃぶると、甘酸っぱくて、すごくおいしい。そしてふわっと暖かくなっていきますだらしなく開いている粘膜にも塗り込められていきます。乳房、乳首もカッカしてきます。そのためか皮膚の傷とか、釣りなどで痛めた筋肉などまでも、回復していくような気がしてきます。大きな絶頂を味わったはずなのに、貪欲になっていくわたしの体。どうかなってしまいそうです。

オナニーになぞらせるよりも興奮した

わたしが感じて、くねくねしているのが客たちにはおもしろいのでしょう。誰かがピシャッとお尻を叩きました。笑い声が起こります。なにをしてもいいんだぜ。ぶっ叩いてやらないと。そうよ、いやらしいわ。そう言ってるように聞こえます。
やさしく触り、揉む人たちから、徐々にわたしを叩く人が増えていきます。ピシャ、パシャ、バチン。
下半身が動いた


人妻の色気が加わったのだ
人妻の色気が加わったのだ

オナニーを見せてはいけないだけど

叩く場所と叩き方で、いろいろな音が響きます。あっ、くつ、うつ。痛みもさまざまです。お尻をつぎからつぎへと、叩かれます。だんだんその力が強くなっていきますバシン、バシンと頭に響くほどの強さになっています。あうっ、ひいいつ、くうう。だからこそとても感じて、うめいてしまうのです。すると客たちは喜んで、さらに叩きに来ます。うれしいの?

クンニリングスだ