膣圧測定用のシリコンを自分で抜き取ると

股間を狙った

私にも不純異性交遊をさせて、自分達の側に引き入れるつもりだったのだろう残念だが、その手には乗らない。フフン、とサトリが胸を張るよかった。さすがに会長は、斉藤先生の口車を警戒してる。英次は、思わず安堵の息を吐いた。て耐えられないシロモノなんだ!…なんだと?サトリの表情が変わった

肛門から鮮血が滴り落ちて

神崎くん、助言しようという心遣いには感謝する。いたいのだな?勝負をすれば百パーセント私が負けると言怒りを帯びた鋭利な視線が、英次の魂を一気に凍らせるナイスよ、ダーリン!ヤるときには、ヤッてくれる人だと思ってたわ。し、しまった。自分のうかつさに、英次はがっくりと頭を垂れた。ああ、いいだろう。斉藤先生の言葉がただの言い訳であることを、私が証明してみせる。

 

お尻に刺さりました

も先生の言葉が嘘だったら…分かってるって。三賀敷さんの好きなように扱わせてあげる。勝負は…そうね。もし静穂が、にやりと笑う。三賀敷さんがショーツを脱ぎ捨てるか、脱がすのを嫌がらなかったら、のためには、何をしても構わない。どう?面白いな。私に、自分でショーツを脱がさせようなど…。じゃ、それで。もしも英次クンが勝ったら、恋愛禁止法を取り下げてよかろう。では、勝負だ!英次クンの勝ちね。そいいわね?
尻を生で見たときのことを

股間の位置を正した

それじゃ、ここから後は、若い二人でね!そう言い残し、静穂は生徒会室を出ていった。
ショーツを脱がせるためなら、何をしても構わない。この条件ではほとんど勝負にならないことを、サトリだけが知らなかった。君の前で、自らショーツを脱ぐということは、つまり、君を我が身に迎え入れる意思表示をするということだ。

ザーメンをほとばしらせた

なら、あり得ない。本当にそう思うか?ああ。期限が1年であれば、あるいは君にも勝ち目があったかもしれん。だが、一時間程度では人は変われサトリは、勝ち誇った表情で、英次の前に歩を進めたな、なんとか、会長を被害者にするのを食い止めないと…。だが、英次の決心とは裏腹に、その本能が高ぶっていくのが分かる。止めようもなく、視線が彼女の胸の膨らみや太もも、艶やかな唇の上を彷徨う。

男根の根元にからませ康介の

膣口に宛がったサトリに触れられると思っただけで、陰茎が力強く隆起していた。さまよ神崎英次。どうせ、作り話なのだろう。さっさと負けを認めた方が傷が浅いぞ。俺としては、戦う前に会長に敗北を認めてほしいんだが私は受けて立つと言ったはずだ。やりたいことを何でも試してみるといい。自身の敗北を想定していないサトリを、何もせずに引き下がらせることは出来ない。

肉棒が抜けて

射精に導いたのだまるで竜宮城に連れてこられた

なるほど、よくわかった…ところで、もう一つ質問があるのだけど下着は女物はいてますけど?違うよ馬鹿!ってパンツはいてるのぉ?なんてね、気になります?油断した、あまり相手のペースに乗せられないようにしよう。ランブオイルや、薬はわかるのだが…なんだこの銃って?しかも何でトカレフ?それは護身用です。だから、なんで護身用に銃が必要なんだよ。

  • 奴隷のごとく扱うようになった朝のゴミ出しなん
  • 下半身を反り上げていく
  • 下着姿になったひかりが俺を誘ってくる

尻に打ち下ろした

島に獣がいるなんて聞いてないぞ。獣じゃなくて対人用ですから。対人?どっかの国のせいで、急に人がいなくなる事件ってありましたよね。特に日本海側とか。なるほど…対人用かだから、きたちょう…。言わなくていい!分かってるよ、全部言わなくていいから!可能性は少ないけど、半島には近いし一応用意しときました。お尻から飛び出してた金属棒がベルトにあたって

熟女AVとしては面白い
熟女AVとしては面白い

膣内の状況を細かく口にして興奮していた

俺はこれの入手経路のほうが疑問だよ。鉄爺が取引してる、知り合いの中国人と交換したらしいです。ああ見えても顔広いんでどういう知り合いで、何と交換したのだろう?疑問は募るが、それを尋ねる勇気はなかっ中津島か…ここは俺の想像している以上に、ディープスポットだったらしい。
それからおよそ11時間後…そろそろ、先輩、見えてきましたよ。

股間をわずかに抜ける風の頼りなさが

隠津島の島影が見えてくると思うんだけど青の線上にぽつんと浮かぶ黒点が見る見る大きくなって、それはやがて島の緑を反映させてあれか…。神の住む伝説の島が目の前に現れた。ようやくだなあ…思ったより遠かったぜ。しかし…ふと見ると、響が空を見て厳しい顔をしている。どうした響?空の様子が変です。雨か?いえ雨どころか、もしかして時化になるかも…そんなこと解るのか?

尻を鞭打つ隆が遠慮がちに打擲していると

あまり変わらないように見えるけどしかし、海も空も今はとても穏やかで崩れるような気配すら窺うことが出来ない。思ったよりも、雲の流れが速いこの分じゃすぐに崩れます。先輩、上陸を急ぎましょう。響が急いでエンジンを回そうとした。そう言って、ブシューあれブシューひょっとしてトラブル?エンジンをさらに急がそうとしたのだが、プスンと言って動かなくなってしまった。そうみたいですね。嘘だろ、なんでこんな場所で!

尻とはまるで別物に見えた一回り大きな量感だけ
尻とはまるで別物に見えた一回り大きな量感だけ

尻の丸みを手のひらで

ブシュ必死にエンジンをかけようとしているのだが、さきほどからうんともすんとも動かない。ゴロゴロッ!なんだ、いきなり雷が!おいおい、マジで雲行きが怪しくなってきたぞ。もう、しょうがないですね!はいこれ!オール渡してどうするつもりだよ。急いで漕いで!島までもうすぐだから!マジで?だから急いで!こんな小さい船はひとたまりも無いですよ!おいおいまじかよ…うおおっ!

股間を指で擦る

乳首をクリクリと弄られながら

は素直に私は自分の欲望を言葉にした。ああんツーだからアタシのスク水にんぁッたんだね…あふッアタシのスク水汚させたのはぁはぁ。サリナおチンポ汁塗りつけまくってオジサンが初めてだよまたサリナの台詞に欲情して、動きが激しくなる。んああツ!すごいおチンポ反応したあーぁぁッまた大きくなったよんふッアタシのオマンコの中んぁッエッチなヌルヌルたっぷり出されてる!膣の状況をサリナは生々しく伝えてくる。

処女だろうと幽霊だろうと

その声は火照っていて、結合部からはだらだらと愛液が染み出してくる。んんツーキテるっ…ああツ奥にまたおチンポの先がキテるッ!子宮にグリグリしてる…ああんツ!そんなに奥にヌルヌル塗りつけたら…ふぁッさすがに妊娠するかもね…んああツしおおっ!サリナツ!妊娠という言葉に興奮して私は腰を突き出し、ペニスを奥に擦りつける。サリナのせいだ。

 

挿入する気はないのか

んふツーアタシのせいにするなんて…ああツオジサンもずいぶんわかるようになったよね…あふッうれしいよ…はあんツし生意気だな!未だ優位を保とうとするので、私はわざと強く腰を振った。ちょっ…あんツーあんツ!なにお仕置きっぽいことしてんのよはああソー上手くしゃべれないでしょああんツ!オジサンったらんッ…調子コイちゃって…ああツーめちゃ激しいじゃんんああツーバテても知らないよ…上手く言葉を発せられないほどだった。サリナは私の激しい責めで、ふんっ!ふんツ!
ペニスがジンジンと疼き出すと

亀頭部を淫唇に埋めこんだ

サンったら…ふぁッどうなってんの…
このシチュエーションかな。ああ…んツそかそかふあツーアタシがスク水着てるからか水のアタシを犯してるからね…んああツ!またすごくなって、んんツ太ツーああツーオジサンのおチンポが、ごりごりオマンコ擦ってるぅッ!スクんふッああんツ!オジサンコーフンしておチンポめちゃ強く擦りつけてるぅッ!サリナが言葉で卑猥な描写をする。自身もかなり興奮しているようだった。

セックスラ記事はあとで手直ししていくらでもフ

汁多すぎて…ああツううっ、サリナ…。ゃらしー音が聞こえるんああツ!規則的に腰を打ちつけて、快感を得る。んツ!スク水の女の子を犯してる感想は…ふぁッ!どうかなオジサンはああツー普通だったらかなりヤバイよね?んんッあはははっくうつくつ、興奮するよ。

セックスは月に1回程度だ

肉棒が起きあがるああんツーそうだよね…ああツ相手だったらんぁッなにしてもいいんだからどんどん犯してよね…。はあんツ!どんどんって。んふっ…オジサンがシタいようにシテいいってことあんツー他の人がアタシにするのはダメだけど…んんッオジサンはオーケーってことねはああソーこんな風におチンポでズボズボしまくってるなんてすごいよねャバイって
ううっ、くつ、はぁはぁ。はあんツ!オジサンめちゃやらしふぁッヤバイってのにんんツよぉっ一サリナがそんなこと言うからっ、もう腰がとまらない…あっ!

バイブを自分で遣ってね

チンポ太くなったよね

水道局の不興を買えば業界紙の経営に影響が生じかねない。それだけに幕間らは丁寧な言葉遣をしていても腹の底では自分たちの発表記事を書かせる下請け業者のようにみていた。水道局のおかげで禄にありついている人間が局長の噂をいいことに逆ねじを喰らわせるようなことは以ての外なのであろう。それが幕間の表情に出ていた。局長がおられたら顔を出しておきたいんですが気まずくなればその人物の上司と面談しておけばそれが緩和されることを裕也は業界記者として心得ていた幕間はんう。と微妙な顔をしつつ会議室を出て総務課に戻り、かめて局長室入り、すぐに出てきたどうぞ。

ペニスが激しく脈打った瞬間

局長秘書に在室かどうか確幕間はそう言っただけだ。局長秘書が開放されているドアをノックし、裕也の名前を告げた。一年四ヶ月前、就任早々の局長インタビューをしていたし、局長室には一ヶ月に一度は顔を出し、用がなくとも雑談する間柄になっていた。暑くて取材のほうも大変でしょう。この暑さで水道使用量はうなぎのぼりです。気温の上昇と電力消費量、水道使用量は相関関係がありますね。

 

ザーメン出してくれるんじゃない

水が売れるのはありがたいんですが、ピ
ク時の使用水量に合わせて施設整備から職員の配置までしなければならないので、ところがありますよ痛し痒しの伊知地は裕也にソファーをすすめ、如才なく接する。事務系役人特有の人当たりの良さを身につけている。白髪まじりで身長百六十七、八㎝の細身であり、局長としての威圧感や威厳がなかった。一見、地味な仕事をこなしてきた課長級に見えた。
オナニーしたことさえあっ康雄にそん康雄に命令

奴隷なのよね

局長歴一年四ヶ月で五十四であることから、水道局長から総務局など主要部局の局長に異動したのち副市長に抜擢されるのではないかといった声もあり、幕間だけでなく他の職員も大物局長として気を遣っていた。海野さんのことで大変ですね。彼女、広報担当として他都市と情報交換や付き合いもあって、多くの方から弔電やお悔やみの手紙をいただきました。歴史に興味を持っていたのは聞いてましたが、山辺の道に一人で行くほどの歴史好きとは思いませんでした。場所によったらマムシがいたり人通りのすくないところがあるらしいですね。現場は山辺の道のルートからはずれた土手道で、山に用事のある地元の人ぐらいしか通らないさみしいところのようです。

セックス記録も一緒にハメ撮り動画付きで超宇宙

親しくしていた総務課の職員が現場を訪れて花を手向けたと聞き、いいことをしてくれたと思いました。海野さんの御霊もいくらかは慰められたことでしょう海野さんと食事する機会がありましたが、物事に慎重な品のいい方だっただけに、こんな事にという話しもあるようです。ほう、そうですか。新聞やテレビは一人行動と報じていますが、の情報ですが真柄記者から聞いた話で、くわしいことは分からないのですが、しいことを言っていたようです。

射精した直後でぐったり疲れていた

クリトリスの全体像までさすがは記者さん、逆に取材されたんですね。それは捜査機関かなにかから聞き込みに来た刑事がそれらと伊知地は腕時計にちらっと目をやった。裕也は局長室を出た。幕間が自席からこちらを見ていたが、裕也はかるく会釈したまま総務課を出た。幕間を介して局長に会った場合、局長との話の内容を報告していたが、何かさぐるような目つきがうっとうしく、それに亜希子と伊知地局長の噂をぼかすために真柄を利用し、食事の噂をひろめようする嫌みなやり方が癪にさ事件は死体が腐敗していたため、殺害方法も確とせず、捜査資料に乏しい難事件となった。死体現場は土手からおよそ十が下の斜面の茂みの雑草地であり、足跡も採取できなかったが亜希子の死体付近から亜希子以外の頭髪三本と陰毛四本が得られていた。

射精をした後の充実感といいますか

ペニスをきつく吸いあげてからだまま

胡座の中で若鮎のように躍動する孫の抗いを楽しみながら、さも持て余したような口調で女中に命じた。もちろん、何もかも初めから決めていたとおりの行動であるかしこまりましたぁ。すぐに、お支度を…。主人の嗜好を心得ている女中が、さっそく医療用の手袋をはめた。カチャとピンセットを操り、滅菌ガーゼを敷き詰めていく。嫌ツ、お爺ちゃまア。怖いことは、しないでェ。

エッチの前段階まででも

膿盆を取り出し、カチャ綿球を消毒液で湿らせるツーンとした臭いが辺りに漂い出すと、胡座の中にダッコされている桃子が、堪えきれなくなったように叫んだ。今までの赤ちゃんゴッコとは、明らかに違う不気味な仕度である。何をされるのか知れぬ不安が、怖さを増幅するのだった。よし、よし、桃子ちゃんに導尿をしてあげるだけなんだから、ちっとも怖いことなんか無いんだよいい子にしてれば、すぐに終わるからねぇ。思春期の赤ちゃんを膝に抱いている祖父が、愛しそうに頭をなでた。

 

オナニーの癖を思い出して

薬液の刺激臭が、注射を連想させるのであろうか。小児科の治療を赦してもらおうと親に甘える、幼女を思わせるような仕種がたまらなく可愛かった。ドウニョウ?ドウニョウってぇ、いった何をするの?ふぉッ、ふぉッ、ふおう、うちの桃子は、導尿をされたことがないんだねぇ。お浣腸と違って、普通の女の子が導尿をされる機会なんて、そうそう無いからねぇ。ゆるして、お爺ちゃまア。
セックスをしたがるようになる

股間がペニスを未央の女芯にゆるゆると

いい子にしますから、そんなのしないでェ。老人の口をついたお浣腸。という言葉に、強制排泄の羞恥と辛さが生々しく蘇ってきた。ドウニョウという行為が、どんなことをするのか全く知らなかったが、それが浣腸以上に恥ずかしい行為であることは、老人の思わせぶりな口調からはっきりとわかるのだった。ほれ、ほれぇ。そんなに、騒いだりしたらいけないよう。導尿は、桃子ちゃんのために必要なことなんだからねぇ。

痴漢したときの印象では興奮するタイプの感じだ

ほうら、菊代が、カテーテルを取り出すところだよう。よく見ててごらん、あれを使って導尿をするんだよう。細長い袋の封を切った女中が、中から紅いゴム管を引き出した。カテーテルである彎、彎、怖いことなんか、しないでェ。後端が、二股になった留置ピンセットにつままれたカテーテルが、太いミミズのようにくねるのを見て、十三歳の赤ん坊が怯えの色をあらわにした。

尻肉を撫でまわした

膣圧測定用のシリコンを自分で抜き取るとウフフッ、ちっとも怖いことなんかありませんのよう。菊代が、桃子ちゃんの尿道にピッタリの留置カテーテルを選んで差し上げましたからねぇ。十一フレンチの少し細めのカテーテルですから、導尿が初めてでもスルリと入りましてよう。豊富な医療経験を誇示するような手つきで液状ワセリンを塗布しながら、に言い添えた恐怖感を煽るようふぉッ、ふぉッ、ふおう、やっと桃子ちゃんも、わかってくれたようだねぇ。

騎乗位の体勢になってもらい愛華が俺の上で激し

セックスというのは一つにつながることも大事だ

俺が知っている三賀敷サトリ会長はそんなことをする人間じゃなかった。さあ、どうしてだろうな…。ほこりサトリは落ちていたブラを拾い、埃を払う。その隣で、静穂がサトリのブラウスを拾った。三賀敷さん、もしかして誰かに、無理にでも通せって言われたんじゃない?弁明しないなんて、誰かを守ろうとしているのかしら。

射精してしまいそうになったら

静穂の質問には無言で、はぐらかすことさえしなかった。ああ、出来のいい生徒って、中々先生には心を開いてくれないのよねー。そんな軽口を残し、静穂は立ち去っていった。問題の一つは解決したし、もう一つも解決して帰ろうか。
つまり、私は君のモノだと認めると?認めないって何度言えば分かるんだよ。

 

抜くたびにピクリピクリと膣孔と

会長自身以外で、ものと引き替えにさせてもらおうと思う。そんなものがあるとは思えんが。おそらくそれに準じるぐらい特別な英次は、サトリに手を差し伸べた。長の初めてだよな?確かに初めてだ。弟以外を呼び捨てにするのはなら、よかった。そして俺はこれから会長のことをサトリさんと呼ばせてもらおうと思う。
愛撫する時って

亀頭に舌をからめてきた

セットの合わせ技だが、こういうのはダメか?サトリは、小さく首を振った。私をサトリさんと呼ぶ人間は結構いる。セットの組み合わせとしては弱い。リーツーの呼び方を許可しよう。オンリーツーの名前?俺が二人目ってことか?だから君に、オンサトリはそう言うと、床に転がっていたショーツを拾った。ただし、これで、私はもう君のモノではなくなった。

オナニーといっても

問題を起こせば、る。それを忘れるな。気の抜けた返事だな。指導が必要だ。そこに正座せよ?エエッ?これまで同様に処罰す最後の最後で普段の会長に戻ったサトリだった。
第二章真生徒会長秋津島櫻子どうしてこうなったんだろう?英次がこっそりと視線をあげると、自宅の食卓でコーヒーを飲みながら、黒髪長髪の美少女と目があった。正面に座っているサトリは、英次が焼いた目玉焼きを黄身と白身に分解している最中だったらしい。嫌そうに箸を戻した。

美少女が肉棒を頬張っているのだ

マンコが好きなんですねだから、何か用でもあるのかと聞いて…。少し不機英次の前で頬に紅を浮かべ、慌ててふいに言葉を切ったサトリの表情がふわっと華やいだ。目線をそらす少女は、とても可憐に思えた。かれん直後に舌打ちをして、表情を歪めるまでは。サトリはため息をつき、椅子に座り直した。