バイブとともに

オナニーもしないで欲しい

見ると、首すじに見える透明なうぶ毛がそそけ立っている。首すじだけでなく全身が感じやすくなっているのかもしれなかった。脇腹から腰に万遍なくスポンジを往復させているうちに、ボディソープの匂いをかき分けるようにして薄く、桃果実か何かを思わせる生ぬるい匂いが漂い出した。十七歳の女子高生の身体からと。愛香が誠の手首を掴んだ。誠の身体を自分の方に引き寄せると、くちびるにくちびるを重ねてきたキスするのは最初のお見舞いの時以来。あれ…?

  • 肉棒が滑りこむ
  • セックスを意識生斗がストロークを早めると
  • お尻をよじって藻掻きだした

エッチな姿のまま

愛香ちゃん、薬を飲む練習とか、もう言わなくなってるしでもまだ二人とも不慣れだ。たどたどしくおさななじみのくちびるの隙間に舌を差しこむ。内側の方が温かくて湿っていた。舌が歯に当たっても、愛香はいやがらなかった。てろり、てろり、と歯を舐め、息ととも
にそっと唾液を注ぎこむ。三回目だからか、乙女も今度はおどろいて舌を引っこめたりはしな力1·六二人の口と口がつながったまま、くちびるよりやわらかい…舌先と舌先が触れ合う。壮絶なハイパーファック大量中出し地獄と牝猪

乳首がこすれる彼に強く抱きしめられた
乳首がこすれる彼に強く抱きしめられた

肛門の奥にまで塗りつけた

女子高生の舌は誠の舌にからんで、そのまま吸いついてくるようだった。そっとすすり上げる。女子高生の唾液の甘さが口中に広がった。舌の神経がそのまま全身につながってでもいるかのように、誠の身体からも汗が噴き出す愛香ちゃんの口の中を、もっと知りたい…。舌で舌を愛撫しているうちに、これまで経験したことのないような熱いうずきで誠の胸はいっぱいになっていた。

肉棒を突き離すことができなかった少年院という

ぬるり、ぬるり、とからませ合っているだけで、口の中いっぱいにぴりびりするような快感が走り、熱いかたまりとなって下腹部にまで流れこんでくる。キスしてるだけなのに…どんどん全身で気持ちよくなって…愛香もキスで感じているのか、時折不規則に電気を流されたみたいに、ふつふつつ、ふつふつつ、と身体を震わせる。誠の手は女子高生の腋の下のあたりをまさぐっていた。くすぐったそうに少し腰をよじると指先を離し、その動きがおさまるとまたそっと指で愛撫する手探りのスキンシップだった。くちゅくちゅくちゅもうスポンジは手から離れている。女の子の身体って細いんだ…。

子宮頸管を指頭で塞いで押し潰すようにする

でも愛香はさっきから全然いやがってはいない。それだけでも誠にとっては天にも昇るほどのうれしさだ。指で脇腹の上を擦るだけでも、確かに反応してくれる。もう一方の手でおさななじみの手を握る。愛香も握り返してくれた。その手はさっきよりもずっと汗ばんでいて熱力1·六ふぁ。

ペニスだった
ペニスだった

オッパイしてるじゃないか

セミヌード女子高生が口の中でおかしな声を出し、また身体をぷるっと震わせたが、やはり誠を拒否してはいない。誠は力を抜いて、そっと、さするように手を動かす。腰骨の上やお腹のあたりをゆっくりと撫でると、誠の顔のすぐ近くにある愛香の顔が火照り始めるのがわかっまてどうしよ…わたし、なんだかジーンってしてきたーし流れてきた泡と愛香自身の汗で、小花柄の入ったショーツは愛香の下肢にぴったりと張りついていた。お尻の丸みがより強調されて見えるだけでなく、そっと覗きこめば、下腹部の微妙なふくらみやくぼみまでもがはっきりとわかる…

チンポをしゃぶらせてくださいってな

処女喪失直後の十六歳の小娘と

そのまま続いて指じゃなく、次は自分の口で私のあそこを愛撫してくれはじめちやったのよ。いわゆる、クンニリングスってやつね。でもって草喰君の舌で私のクリトリスをいたぶるようにねぶったり、あそこの穴のまわりを舐めまわしちゃったりしてくれちゃつたものだからさ。私はああ、それ、イ、ツちゃったんだ。だなんて、あられもなく叫んじやったりもしたみたいで。

  • 挿入していく
  • 勃起の状態しかも先走りの液で溢れたペニスを
  • クリトリスだということぐらい知ってかっていた

オーガズムの高原から降りられたのだめくるめく

自分でも何が何だかよくわからないまま、何度も何度もそういうふうにしていったい、何時間くらいが経ったんだろう。時間だとかそこらってことは、なかったはずだと思うの。だって草喰わたら最初に十分間くらい、ひたすら私の髪だけを撫ぜてくれていたわけでしょう。それから肩や背中を撫ぜてくれたのも、やっぱり十分間くらいではきかなかったはずだと思うしさ。さらには私の顔だとか、腰やお尻や太股なんかを撫ぜてくれていた間もね。股間を指で擦る

ペニスの舐め方を教える
ペニスの舐め方を教える

バイブレード舐めながら敵にイカされてしまうな

だからそこまでで、すでに少なくとも三十分くらいは経っていたはずなわけよ。その上で草喰君は、ようやく私の胸を愛撫しはじめてくれたのであって。最初は、君の手で私の胸のまわりから愛撫しはじめて、少しずつ乳首に近づいていったわけでさ。でもって私の乳首を指で愛撫した後、口でも愛撫してくれたわけだから。胸を愛撫してくれていた間だけでも、やっぱり十分とかじゃなく二十分だか三十分間くらいは経っていたはずだって気がするのよね。

子宮の奥がじーんと熱くなってしまう

それから少し休んだ後、あそこの愛撫に移ったわけなんだけど。
その時に私は何度もオルガスムスに達してしまって、もう時間なんか全くわからなくなっちゃつて。だけどそのうち、カーテンの隙間から見える窓の外が白んできちゃったりしていたから。だからやっぱり、少なくとも二時間かそこいらくらいは経っていたんじゃないのかな。でもって草喰わたら、それくらい時間をかけて私のことを何度も気持ちよくさせてくれちゃつてさ。

セックスに対する許容量が高いのよ

その上で初めて私のあそこに、草喰君のあれを挿入することになったの。避妊具をつけた草喰君のあれを、私のあそこの穴の中に入れて。けれども草喰君は最初、自分のあそこを私のあそこにぴったりと押しつけるようにはしなかったんだ。だからその時点では草喰君のあれって、私のあそこの穴の奥まで深く入ってはいなかったはずなんじゃないのかな。ただ草喰君のあれの先っぽだけが、私のあそこの穴に突き刺さっているって感じでさ。

乳首がちぎれそうです
乳首がちぎれそうです

その人妻が今

でもって草喰君はその状態で、いわゆる例のあのピストン運動ってやつを始めたのよ。しかも決して大きく前後に動くんじゃなく、ごく小刻みにだけ動く感じで。そしたらそれが私には、けっこう気持ちよく感じられたのね。あれって後で考えたんだけど草喰君のあれの先っぽが、私のGスポットのあたりに当っていてさ。そのあたりが刺激される形になったから、あんなに気持ちよく感じられたんじゃないのかな。

膣口に宛がった

射精をしたと行っても

エジコに入れられたまま、何時間も一人で放置されていた桃子は、強い孤独感に襲われて何度も泣いてしまったのであるやがて、ぴったりと閉じ合わされていた股間が、ゆっくりと開き始めた強制ではなく、自らの意志で座禅の姿勢をとることが、たまらなく恥ずかしい。だが、従わそうなったら、なければ、再びエジコに入れられるのだ。いるのであるもっと恥ずかしいことが待ち受けて歯を食いしばり、必死の思いで老人の望む形に足を組んでいった。よし、よし、いい子だいい子だ。桃子ちゃんもアグラ、お爺ちゃんも胡座。二人仲良く胡座言葉責めに屈服した孫の頭を愛しそうに撫で回した。
亀頭が甘く濡れた愛香の喉のあたりにこころの中

鹿の子模様を染めた着物の裾が割れ、ネル地の襦袢がのぞいた。膝頭を羞恥に震わせながら好色な老人の目を楽しませている。脚を曲げていくに連れ、襦袢の裾も少しずつ亀裂を広げて、嫌ツ、もうゆるしてエ。ミルク色のナイロン地にお菓子の模様を染めたオシメカバーがのぞきかけたとき、桃子の動きが止まった。中学二年生といえば、子供と大人の端境期にある、もっとも羞恥心の強い年頃である。

  • 拘束していくだけです
  • 乳首が裸の胸に当たるのを意識しながら荘太は下
  • オーガズムであることなど

お尻を突きだしたかっこうです

このまま、股間の奥まで異性の目にさらすことなど、とてもできなかった。よし、よし、できなかったら、無理にしなくてもいいんだよう。お爺ちゃんは、けっして桃子ちゃんを虐めているわけじゃあ、無いんだからねぇ…菊代や、整理カゴを持ってきておく着物の上から、凍り付いたように止まっている膝頭を手のひらで包むようにしてクルクルと愛撫してやりながら、さりげなく女中に命じた思春期の少女が、簡単に股間を見せていいはずがない。たとえ、それが祖父の命令であっても、受け入れてはいけないのだ。エジコ責めから逃れたい思いと、羞恥心の板挟みにあって葛藤に苦しむ横顔が、食べてしまいたいほど可愛かった。
膣圧測定用のシリコンを自分で抜き取ると
ザーメンぶちまけるまでシテいいよ
言葉による責めが大好きな老サディストにとって、素直に要求を受け入れる少女など、何の価値もなかった。清純な心で、破廉恥な命令を拒み続ける女の子こそ、理想の孫娘なのである。お待たせいたしましたぁ。白い割烹着姿の女中が、渋茶色のカゴを抱えてきた。アケビの蔓を編んでつくった整理カゴには、替えのオシメやオシメカバーを始め、ベビーパウダーの缶や綿棒などが入れられていて、本物の赤ちゃんのために整えられたかのような華やぎに満ちあふれていた。ただ、カゴのすみに成人用イチジク浣腸や生理用タンポンの紙箱がさりげなく納められていて、これが思春期の少女用であることをわずかに示している膣の奥深くまで入っていると

お尻の人がなにかを囁いて

菊代や、ナイナイ帯を出しておくれぇ。桃子ちゃんのアンヨが、どうしても良い子になってくれなくてねぇ。孫を膝に抱いた老人が、めたさも持て余したといった表情をつくりながら、ニンマリと頬をゆる思春期の少女を赤ちゃんに仕立て上げて弄ぶのが大好きな老人にとって、縛りはイジメでも虐待でもなかった。手も足も使えなくして、一人では何もできない状態に追い込んでこそ、年頃の娘を赤ちゃん化することが初めて可能となるのである。それ故、赤ちゃんゴッコのやさし
フェラをしてしまったのは膣の奥深くまで入っていると

膣の奥深くまで入っていると

い雰囲気を壊さないように、縄や革の拘束具ではなく女児用の兵児帯を使っているのであった。着物の上から胸を絞り出すように帯を掛けられている桃子の姿も、幼女趣味者の目には、おィタをしてお仕置きをされている真っ最中のようにうつっているのだった。あッ、イヤン。いい子にします、だからもう縛らないでェ。大人の四本の手に押さえられて、十三歳の少女があわてた。素足をむりやり座禅の形に組まされ、交叉させられた足首に兵児帯が巻き付けられたのである