亀頭がひりひりしていた

パイズリとなるとその折角のセーラー服は脱がね

桃子はしばらくエジコでネンネだよ。長い長いキスが終わると、お爺ちゃんは、書斎でお仕事があるから、エジコに入れられた桃子だけを残して、襖が閉められた。窓に目をやると、いつのまにか雪が降り出していた。どうやら、また吹雪になりそうな気配である何もかも白い帳に包んでくれればいい。夏は避暑客ににぎわう別荘地も、今の季節は、訪れ
る人など滅多にいない。

  • 尻の輪郭がくっきりと強調され
  • 股間を護る
  • 肉棒を握ってくるのである

セックスを痛がらずにごく普通に行うことが出来

春になる頃には、いつまでたってもオシメのとれない甘えん坊の孫娘が…。可愛い赤ちゃんが誕生しているはずである
飛行船の見た秘密北の小京都と称えられるN市の秋は、で一番過ごしやすい時期を迎える。目にしみるような紅葉と清涼な空気に包まれ、一年中菊人形祭りが開催される城郭公園は、桜の時期と同じような賑わいを見せていたが、観光コースから外れた武家屋敷の一画にまで足をのばすと、時の流れが停止したような静寂を楽しむことができるのだ。屋敷のほとんどが個人の所有ゆえ観光客へ開放されることもなく一般にはほとんど知られていなかったが、高い塀に囲まれた中庭に一歩足を踏み入れれば、代々受け継がれてきた当主だけの庭園を目にすることができるはずである。尻肉のつき具合も

乳首が絶妙のアクセントを与え
乳首が絶妙のアクセントを与え

女子高生のくせにどスケベな女だなァ

私は、その素晴らしい光景を飛行船からながめているのだ。とはいっても、本物の飛行船で空中遊覧を楽しんでいるわけではない。ラジコン模型の飛行船にカメラを搭載し、上空から手入れのいきどいた庭を撮影しているのだ。ラジコンといっても、カメラを乗せるだけの浮力を得るためには相当の大きさを必要とする。最近のデジカメは、驚くほど小型軽量になっているのだが、それでも搭載するためには、長さが11メートル近い双胴の飛行船が必要になるのだ。

ペニスはあっという間に凄まじい勃やん

その代わり、ラジコン飛行機と違ってほとんど音がしないため、誰にも気づかれることなく空撮を楽しむには最適である。機体も地上からながめたとき空に融け込むよう明灰色に塗装してあるため、ちょっとしたのぞき見気分を満足させてくれるただ一つの悩みは、気嚢に充填して浮力を得るためのヘリウムガスが、値の張ることだけである。バカにならないほど週末の天気の良い日は、武家屋敷の見える丘に登り愛機を飛ばすのだが、その日も快晴で風はほとんど無かった。ところが、いつものように空撮を開始して間もなく、急に機体が揺れだした。いくら穏やかな天候でも乱気流には、時折遭遇するものである。

肉棒で抉られ肉茎の根元を蜜壷の縁にぐりぐりと

だが、その日は、度合が違っていた。急激な下降気流に巻き込まれ、墜落するような速度で降下を始めたのである。こうなっては、プロペラの推力だけで高度を維持することは、不可能である。やむなく緊急用に搭載してある砂袋を投下し、かろうじて上昇させることに成功した。庭深く入り込んだとき、機体の側面が立木の枝にでも接触したのであろう。

クリトリスが陰毛に擦られると
クリトリスが陰毛に擦られると

オナニーに興味があるから読んでいるのだと思っ

高価なヘリウムガスを噴き出しながらヨロヨロともどってくる飛行船をようやく回収することができた。幸いなことにカメラには、写し出されてきた。まったく損傷が無く、パソコンの画面に紅葉の庭が次から次へと続いて、激しい振動でカメラがぶれ、意味のとれない画像が写った。強い下降気流に巻き込まれた飛行船を救おうとバラスト投下の操作をしたとき、うっかりシャッターボタンに触れてしまったのであろう。画像補整用のソフトに掛けても、復元のしようもないことがはっきりと見て取れた。

肉棒が起きあがる

大陰唇の恥毛を剃りだした

それまで涼しげな顔をしていた理名もにこりと笑う。私はこの会社の専属女優一号なの。真面目なキャラを装うのも大変だっ圭佑君、たわ。事情をすべて知った圭佑は、ただただ愕然とするばかりだった。それじゃ次のシーンに移るわよ。あなたはその優柔不断さから会社の女性社員全員に手を出し、最後にお仕置きを受けるという筋書きなの夏希の言葉は、もう耳に入ってこない。

  • お尻を一所懸命に締めても
  • 股間にはペニスが反りかえっていたのだった
  • 射精口へと向かう

クリトリスは感じ始めるととたんに

圭佑は頭の中を真っ白にさせるばかりだったが、亜衣、真里子がペニスに手を伸ばしてくると
ようやく我に返った。ちょっと待ってください!そんなああ何がそんなよ。あんなにたっぷり出したのに、オチンチンまだ勃ちっぱなしじゃないの!愛だけじゃ、やっぱり面白味がないわ。今の時代は、肉食系の女子に蹂躙される草食系男子の絵もないとね。夏希はそう告げると、ビデオカメラを三脚に固定し、になると、獣のように襲いかかってきた。亀頭がひりひりしていた

お尻の穴に舌先を入れる
お尻の穴に舌先を入れる

フェラがお好みのようでそのおかげでずいぶんと

その場で服を脱ぎはじめる。そして全裸ほんとにいやらしい子ね!こんなに勃起させて。あ、もう社長入っちやってる。またこれで私を辱めようとするのね。亜衣の言葉などもう耳に入らないのか、夏希は精液塗れのペニスを頬や唇、轟くような吸茎音とともに、口一杯に怒張を頬張る。乳房に押しつけ、あっ。二度目にもかかわらず、圭佑の性感は鎮火することがなかった。

乳首の下の根首にかかった帯締めも取り元に完全

やはり1週間の禁欲生活が多大な影響を与えているのだろう。先ほどの至福の幸福感はどこへやら、圭佑は泡を喰うばかりだったが、夏希の左右から亜衣と真理子が舌を突き出してくると、すぐさま黄色い悲鳴をあげた。亜衣が横から肉幹に舌をチロチロと這わせ、真理子が陰嚢を口に含んで舌の上で転がしてくる。しかも夏希が、亀頭から肉胴を唇でしごきあげているのだから堪らない。夢のトリプルフェラは、圭佑にこの世のものとは思えないほどの快楽を与えた。

里村さんがペニスを

ああ!すごい!おチンチンが!おチンチンが!怒張は大量の唾液によってトロトロになり、亜衣たちの口唇愛撫に上下左右に引っ張られ、ビンビのしなりを見せている。あまりの強い吸引のせいか、ペニスは茹であがったソーセージのように真っ赤に膨れあがってこのままでは、五分と保たずに射精してしまいそうだ。亜衣たちはそんなことなどお構いなしに、唇と舌を交互に使いながら剛直を舐り倒していく。ジュポッ、ジュポッと淫らな抽送音が響き渡り、圭佑の上半身は早くも小刻みな痙攣を見せはじめていたあ、イッちやう!

亀頭をしゃぶりつくしたりもする
亀頭をしゃぶりつくしたりもする

拘束された身を揉んでいた

そんなにしゃぶられたらイッちゃうよぉ。射精寸前の兆候を、瞬時にして引っこめさせたのは理名だった。大股を広げながら、面へとのしかかってきたのである。圭佑の顔さっきの続きよ。せたの?圭佑君、エッチなことばっかり考えていたんでしょ?

亀頭が甘く濡れた愛香の喉のあたりにこころの中

勃起してるよ

そのほうが私の気持ちにぴったりします。蜥蜴と水鉄砲が生き生きとしてくるようで、蜥蜴に驚かされた子供の頃の胸のパクパクまで聞こえてきそう蜥蜴と水鉄砲は夏の季語なの。一句の中に季語が二つ以上あると季重なりというのやけどの場合はおなじ夏の季語やし、それに蜥蜴と水鉄砲がうまく響き合っているからいいと思う先輩面して好きな事を言ってごめんなさいね。このショートケーキの生クリーム、ふわっと軽くて美味しいわ。どこで買われたの。ええ、大きな橋を渡ってすぐの交差点の角のケーキ屋さんなの。
お尻で文字を描くように少女の身体をゆすって見

夫の愛撫では

中出しをした

通りががりに目にする程度で店の中に入ったことがないの。小夜子さんにいいこと教えてもらったから、今度買ってみることにするわ。それから、二句目の山肌の紫陽花に水流れをり。これはどういう景色かしら。ずいぶん前のことなの。熊本から定期観光バスに乗って九州横断道路を別府まで主人と一緒に行ったことがあって、その折りにバスの窓から目にした景色なの。山肌に青紫の紫陽花がいくつも咲いていて、上の山肌からの湧き水がその紫陽花に糸のように流れていたの。その景色を思い出して


男根を意識するたびに
男根を意識するたびに

乳首をゆっくりともみ始めた

ペニスもすべて1つに融合してしまうのではないそうね、これはこれで一句として出来上がっていて、このままでいいと思う。題詠の水が生きていて、季語の紫陽花も生きているし、それに余韻があってイメージがふくらむもの。ただ私なら、駆け抜ける道に紫陽花岩清水と詠むけど、これは句風の違いやから、小夜子さんは小夜子さんの感覚で詠めばいいのよでないと、個性がなくなるし、金太郎飴みたいに面白みのない俳句ばかりになるもの。私は美緒先生と芳恵さんに教えていただいたのやけど、芳恵さんはよく勉強されていて、美緒先生が煙たがっている古参同人をやり込めるほどなの紀代子は、なごみの会に小夜子を誘った。次回の句会には谷尾美緒が来ることになっていた縞は俳誌を定期購読し投句してくる会員が約100名、同人が二百名いて、大阪、兵庫、奈良を中心に八つの句会を運営している。
処女を奪われたときは夢中でわからなかったがチンポを離すなよ美緒は本部句会と淀屋橋句会を指導し、他の句会は古参同人に任せていたが、年に二回程度はそれぞれの句会に顔を出すようにしていた。夫の茂雄の存命中は水底の蛇?み込むや縞明リという前衛的な句が話題を呼び、現代俳句の旗手として俳壇にそこそこ地歩を占め、会員五百名、同人百五十名の勢力を誇っていたが、茂雄が他界してからは俳句総合誌に取り上げられることも少なくなり、会員が他の俳句結社に流れた。会員数の減少で会の運営が厳しくなり美緒は同人を増やした。その結果、会員より同人が多いという逆転現象が生じていた。それでも縞の運営は楽ではなかった。

膣口から乳首にされた時と同様

美緒は、銀行勤めをしていた夫の退職金と遺族年金で暮らしているが、その退職金の一部を取り崩して結社の運営に当てていた。句会に顔を出せば会の幹事から指導料が手渡されるが、俳人仲間の懇親会、さらに俳句総合誌の編集者等との付き合いがあり、指導料はその足しになる程度の額であった。俳句大会の選者として駆り出されることもあるが、その報酬はほとんど交通費で消えたたいていの俳句結社は名目を設けて寄金を募り、結社の運営費をひねり出しているが、美緒は寄金集めに恬淡としていた。結社の台所事情を見るに見兼ねた同人が寄金を差し出すことはあっても、結社誌で寄金を呼びかけたり美緒が働きかけるということはなかった。美緒はまた雑詠の選において寄金をした同人の句に手心を加え、順位をあげるということもしなかった。
挿入されている指だけでも葉子のほうからも声が


ペニスの根元の方向へ二センチか三センチほど行
ペニスの根元の方向へ二センチか三センチほど行

股間から射精だと分かる前に

まったく斟酌しないということはなかっただろうが、目に立つようなことは避けていた。他の結社では社寺や祭りの寄金掲示よろしく結社誌に氏名と寄金口数あるいは金額を明記し、財布の大きな同人、会員を優遇することで運営基盤の強化を図っている。また、俳句総合誌との関
係を強め、結社や主宰の知名度をあげようと、それに専心する傾きがあった。美緒も俳句総合誌に俳句や俳論を寄せていたが、夫のころからの付き合いのある編集者の好意によるものだった。

拘束している縄が