チンポをしゃぶらせてくださいってな

処女喪失直後の十六歳の小娘と

そのまま続いて指じゃなく、次は自分の口で私のあそこを愛撫してくれはじめちやったのよ。いわゆる、クンニリングスってやつね。でもって草喰君の舌で私のクリトリスをいたぶるようにねぶったり、あそこの穴のまわりを舐めまわしちゃったりしてくれちゃつたものだからさ。私はああ、それ、イ、ツちゃったんだ。だなんて、あられもなく叫んじやったりもしたみたいで。

  • 挿入していく
  • 勃起の状態しかも先走りの液で溢れたペニスを
  • クリトリスだということぐらい知ってかっていた

オーガズムの高原から降りられたのだめくるめく

自分でも何が何だかよくわからないまま、何度も何度もそういうふうにしていったい、何時間くらいが経ったんだろう。時間だとかそこらってことは、なかったはずだと思うの。だって草喰わたら最初に十分間くらい、ひたすら私の髪だけを撫ぜてくれていたわけでしょう。それから肩や背中を撫ぜてくれたのも、やっぱり十分間くらいではきかなかったはずだと思うしさ。さらには私の顔だとか、腰やお尻や太股なんかを撫ぜてくれていた間もね。股間を指で擦る

ペニスの舐め方を教える
ペニスの舐め方を教える

バイブレード舐めながら敵にイカされてしまうな

だからそこまでで、すでに少なくとも三十分くらいは経っていたはずなわけよ。その上で草喰君は、ようやく私の胸を愛撫しはじめてくれたのであって。最初は、君の手で私の胸のまわりから愛撫しはじめて、少しずつ乳首に近づいていったわけでさ。でもって私の乳首を指で愛撫した後、口でも愛撫してくれたわけだから。胸を愛撫してくれていた間だけでも、やっぱり十分とかじゃなく二十分だか三十分間くらいは経っていたはずだって気がするのよね。

子宮の奥がじーんと熱くなってしまう

それから少し休んだ後、あそこの愛撫に移ったわけなんだけど。
その時に私は何度もオルガスムスに達してしまって、もう時間なんか全くわからなくなっちゃつて。だけどそのうち、カーテンの隙間から見える窓の外が白んできちゃったりしていたから。だからやっぱり、少なくとも二時間かそこいらくらいは経っていたんじゃないのかな。でもって草喰わたら、それくらい時間をかけて私のことを何度も気持ちよくさせてくれちゃつてさ。

セックスに対する許容量が高いのよ

その上で初めて私のあそこに、草喰君のあれを挿入することになったの。避妊具をつけた草喰君のあれを、私のあそこの穴の中に入れて。けれども草喰君は最初、自分のあそこを私のあそこにぴったりと押しつけるようにはしなかったんだ。だからその時点では草喰君のあれって、私のあそこの穴の奥まで深く入ってはいなかったはずなんじゃないのかな。ただ草喰君のあれの先っぽだけが、私のあそこの穴に突き刺さっているって感じでさ。

乳首がちぎれそうです
乳首がちぎれそうです

その人妻が今

でもって草喰君はその状態で、いわゆる例のあのピストン運動ってやつを始めたのよ。しかも決して大きく前後に動くんじゃなく、ごく小刻みにだけ動く感じで。そしたらそれが私には、けっこう気持ちよく感じられたのね。あれって後で考えたんだけど草喰君のあれの先っぽが、私のGスポットのあたりに当っていてさ。そのあたりが刺激される形になったから、あんなに気持ちよく感じられたんじゃないのかな。

処女を奪われたときは夢中でわからなかったが

肉棒の先端を秘裂にあてがい上半身をのけぞらせ

さ、さっきからもう…おトイレさせてください。今日も女優角川ともみが恥ずかしいうんちをするところ見て笑ってください。日曜日と木曜日は、女優角川ともみの排便ショーの日だ。他の曜日は基本的にわざわざ便秘状態において、週二度決まった曜日に、浣腸か下剤で排泄させているのだ。
奴隷というのは、そんなことまで支配されコントロールされるのかと、哀れに、そして我が身も可哀想になってしまう有香だったが、ともみ自身はこの衆人環視で排便を見せるということに、異常に興奮するらしかった。

  • 奴隷として使われるとは島野は泣くに泣けぬ思い
  • ペニスのうちどのあたりをどれくらいの強さでど
  • お尻でだなんてエ

挿入されて性感を得ている自分を

元々、恥ずかしいところを見られたいというのが、彼女のマゾの原点らしく、それでも女優という立場もあって、これまで流石にそんな経験など出来なかったのが、ここへ来て羞恥心に顔を真っ赤にしながら排泄しては、その後派手にオナニーさせられたり、男根を与えられていつも以上に興奮してイキ狂うのを、有香は感心半分呆れるの半分で毎回見学する側に回らされているあきし、紫織ちゃん…看護婦の植草杏奈に続いて入ってきた娘の姿を見て思わず、声が出てしまった有香だった。全裸に赤い大型犬用の首輪。それに付けられたリードと、両方の乳首につけられた銀色に鈍く光る目玉クリップの穴に通された極細のふたつのチェーンを杏奈が右手に束ねて持ち、へっぴり腰でよたよた歩く紫織を引っ張っている。有香が想像していた以上に形よく大きく育っていたEカップの乳房が、乳首にがっちりと噛んだクリップによって前方に引っ張られ、形を歪ませているのがなんとも痛々しい。下腹のあたりがぽっかりと膨らみ、わかった。下半身が動いた

亀頭の先に亀頭の傘が張り裂けてしまいそうにぷ
亀頭の先に亀頭の傘が張り裂けてしまいそうにぷ

チンコだの競馬だの

経験者である有香には、娘が浣腸をされているとすぐにへっぴり腰なのは乳首を引っ張られているためだけではないのだく、臭いです。お許しください。透明セルのトイレブースの中では、熟女女優の角川ともみが叫んでいるのが、かけられた集音マイクに拾われ、スピーカーから流れる。ブース内にしつい今しがた、部屋の中に居る全員がみつめる中で、羞恥心で顔を真っ赤にしながら数日間溜めていたものを排便して見せたのだが、大量の排泄物はまだ流すことを許されず、和式便器から少し下がったところで正座するように命じられている何もかもが透明であるがため、女優の目の前に盛り上がっているものも、全員が目にしなければならない状況だが、この部屋の良いところは、セルの中に臭気は閉じ込められる仕組みのため、外側の人間はその臭いに悩まされる必要がないことだ。自分がそこでさせられる場合も、見学者に臭いまで嗅がれずに済むのはありがたいといえばありがたいのだが、その分中に居る本人や、時に一緒にブースに閉じ込められると、その空間の中は強烈な臭いに悩まされる拷問場所にもなる。天井にレインシャワーがついているくらいだから、強い換気機能もついているのだが、外側に居る見物者が悩まされるわけではないため、換気システムを作動させるのは、ほとんどはその中から出して貰えた後だ。ク、クサイネ。ビジンジョユウノクセ--。

子宮がうずいた

コレカラオマエガ、イチバンスキナコト、シテモラエルヨ。シカモホラ、コレッカワセテアゲルカラ。エレーナがそう言い、指示する。ともみに充電式の電マにスイッチを入れて手渡し、股間に当てるようともみは素直に正座した股間にその膨らんだ振動する部分を当てるが、痛いっ。鞭でズタズタのおまんこが辛いです。さすがの女優も、前日に受けたらしいハードな三角木馬責めで元々腫れ上がっていたところを、さらに女拷問人に鞭でめった打ちされた後となれば、電マを当てるだけで苦痛が倍増する様子だった。
おいで。

オナニーや汁男優たちから受ける

紫織が杏奈に引きずられて、中に入れられる。有香の側から見ると反対側にあるトイレブースの扉を開いて、ブースの中に女が三人、広めに出来ているとはいえ、かなり窮屈杏奈も付いて入ったため、に見えた手、前について。あん、たい3紫織が痛がったのは、杏奈が乳首の目玉クリップを外したためで、長い時間ひしゃげていた乳首に血が急激に通うとジンジンと別の痛みが来るのだ。有香は思わず自分の乳房を入院着の上から押さえてしまいそうになる。ほら、脚開いて、お尻もっと突き出して。さ、やりなさい。

尻の方へと辿ると
尻の方へと辿ると

股間と表情を撮り続ける

杏奈の言葉は、前半は紫織に、後半はともみに命じたものだ。紫織は透明セルのこちら側に手をついて、目を閉じてなすがままにされている。顔あげて目を開けないと罰を受けるわよ、と有香は思うがこちらからはそれを伝えることは不可能だ杏奈がさらに両手で拡げ透明便器を跨いで立っているため既に開脚状態の紫織の尻たぼを、膝立ちになった女優がその尻の間に顔を突っ込んでいる。や、やめてえそんなことしたら出ちゃうつ。紫織のか細い声の哀願も、集音マイクは容赦なく拾った。

膣襞を押し割り

下着を穿かそうというのだ

顔を上げた芳彦の口元は、大量の愛液で芳彦が顔を覗き込んでも、夏美は目を閉じたままピクリともしない。子供時代から振り返ってみても、おそらく彼女に対して、初めてイニシアチブを取った瞬間ではないだろうか。芳彦が勝ち誇った顔つきをすると、夏美、大丈夫?夏美はうっすらと目を開けた。心配げな表情を装いながら問いかけると、夏美は恥ずかしそうに眉根を寄せ、芳彦の口の周りに付着していた愛液を拭い取る芳彦、いやらしい。気持ちよかった?
オマンコの中に漏れたのかな

両手のひらで口元を綻ばせながら芳彦が問い質すと、夏美は頬をプクッと膨らませた。芳彦ばかり、ずるいよ。今度は私がするんだから。夏美は軽いキスを口元に見舞うと、そのまま体位を入れ替える。そして芳彦の横に正座をし
ながら、首筋、胸へと唇を這わせていった。夏美は途中何度も肌を激しく吸引し、そのたびに芳彦の身体がビクンとしなる。そんなに強く吸ったら痛いよ。肌にくっきりと浮き上がったキスマークに困惑した表情をしながらも、伝わってくるようで、その痛みにもついにやけてしまう。

  • 奴隷ならそれらしくていねいに頼まんか
  • 尻を突き出させ
  • 亀頭が触れた

尻の康雄に強く顎を掴まれ

夏美の愛情がじかに夏美の唇は小さくしこった乳首を捉え、舌先で軽い刺激を与えはじめた。何かくすぐったいような、はがゆいような、そんな感覚だった。芳彦の身体が小さく震える。何か変な感じだよぉ。夏美の舌が円を描くように乳首を転がしたかと思うと、ていく。カチカチになってる!夏美だから、そんな風になるんだよ。
オマンコの中に漏れたのかな
クンニを素直に受今回は大木の登場が急だったせ
やがて唇はゆっくりと下方へ移動しそう答えると、夏美は甘く睨みつけながら、裏茎を手のひらでペチンと叩いた。調子のいいことばかり言ってると、気持ちいいことしてあげないから。そ、そんなことうつ。芳彦が反論しようとすると、夏美は股間の中央にそそり立つペニスへと顔を近づけ、右手を根元に添えながら亀頭を甘噛みした。上下の唇で包皮をゆっくり剥かれ、皮が反転する際、むず痒いような感触が下半身を覆い尽くしていく夏美は小鳥が餌を啄むように、口先で何度も亀頭や胴体にキスを繰り返した。そして筋ばった肉茎を目一杯頬張ると、愛しいものを慈しむように、ゆっくりと顔をグラインドさせていった。ペニスにまったりとした、ああ。痴漢挑発姦淫

乳首をつまみあげ

生温かい感触が広がる。夏美、やっぱりうまいや。おチンチンが蕩けそうだよぉ。徐々に高まっていく快感に、芳彦は切なげな表情で眉を歪ませた。今までの体験による刺激が一直線に頂点へ導かれるとしたら、それは緩やかな放物線を描き、まどろむような気分で頂上へ向かう感じだろうか。ここでも、夏美の確かな愛情をいやが上にも思い知らされてしまう。ああ、気持ちいい。気持ちいい?舌を窄めて鈴口を突い思わず本音が口をついて出ると、てきた夏美はいったんペニスを引き抜き、溢れ出た先走りの汁を舌先で掬い、またチロチロと舌を踊らせる。
処女膜をコテで焼かれた女は痴漢挑発姦淫

痴漢挑発姦淫

動させると、円を描くようになぞり上げた。あ、す、すごい!次に夏美は雁首に唇を移再び口腔へと引き込み芳彦の全神経が下半身に集中する。少しずつ顔の動きを速めていった。夏美は唾液を亀頭へまぶすと、抽送を繰り返すたびに、口唇から唾液が滴り落ちる。わり、シーツに広いシミを作っていった。

オナニーに完全開花した呪わしき日

ペニスが根元まで差し込まれた

私達がこのまま関係を続けて、そこに未来はあるの…?ないまま、この島で生活を続ける?そしたら、響や七生姉はどうなるの?結界が解かれそうか…巡は、あの二人の事を心配していたんだ決して顔には出さなくても、巡はいつだって響や七生さんの事を大切に思っている…そんな二人の身を案じているからこそ、儀式が成されなかった事にこれだけの責任を感じているのだから、私達が一緒ずっとこのほまなんて、私は、そんなの絶対に嫌…分かったでしょ?にいても良いことなんて一つもないのよ。
チンポをしゃぶらせてくださいってな

巡考えても、考えても…この島で生き続けるという未来に、巡の、言うとおりなのか…光を灯す術が思いつかない。俺達がこのまま付き合っていても、そこに未来はないの?だから、でも…。私は先生の恋人にはなれない…なったらいけないの目に涙を滲ませながら、巡が走り去っていく。
その姿を追って伸ばした手は届くはずもなく…巡の言葉が胸に重くのし掛かっていた俺には、去って行く巡を引き止める事などできなかった。どのくらいそうして居たのだろうか。度も思い返していた。

  • 乳首を刺激するたびに
  • クリトリスをとらえてこねた
  • エッチしてるんだ

クリトリスを刺激してイク

俺は砂浜に立ち尽くしたまま、巡の言葉を何度も何俺と巡がこのまま関係を続けても、そこに未来は無い。それを否定できるだけの打開策がない。巡はそう言っていた。そして俺には、男と男の娘だ…俺たちが本当に結ばれることなんて、なかったのか考えてみれば所詮は、もしれない。巡…俺はお前に幻想を求めていたのかそうして気がつくといつの間にか夜になっていた。はあ…もう夜か。いつまでもここに居ても仕方がない、とにかく、社務所に戻って…あっ。
下着をつけていたからだ
子宮は準備が整っていました
いや、その前に、蘭の様子を見に行かなければ。山へと向かった。うん、問題なさそうだな…。砂に埋もれかけていた足を動かして、俺は月明かりに照らされ、蘭は昨日と変わらず元気に咲き誇っている。の花を育てる理由を失った。とはいえ、俺はもう、こ元々、巡にプレゼントをしようと思ってたわけだが…今となってはその必要もない。そう、俺にはもう、この花はこんなものっ…!俺は蘭の茎を握り締め、そこに力を込めて…乳首を嬲りつづけながら

股間の三角地帯を露にさせた上に

はあ巡の笑顔が頭に浮かび、ゆっくりと手を離した。ここで…本当に諦めてしまっていいのだろうか。面倒を見てきた。俺は巡に喜んでもらうために、この花のそれを捨てるという事は…巡との関係を諦めるようなものだ。な気持ちで、ずるずると行くわけにはいかない。確かに、このまま中途半端俺は、地に根を張り、力強く咲いている蘭を見つめて力無く腕を下げた。
亀頭が膨らみ乳首を嬲りつづけながら

乳首を嬲りつづけながら

やっぱり、こんな終わり方は納得出来ない。儀式が上手く行かないから?男と男の娘の関係には未来がないから?確かに理由はいくらでもつけられる。だがそれが、なんだって言うんだ。もはや理屈ではない、巡に対する俺の気持ちは、そんなものでどうにか出来るもんじゃない。
そうだ…。俺はやっぱり、巡を諦められない。よし!

処女膜をコテで焼かれた女は

肛門を犯した時に比べたら

女が最高に美しくなれる瞬間ね。
静江はうっとりと羨むような調子で、早苗に向かって囁いた。コンドームを外しお互いの股間をティッシュで綺麗に拭き取り合っていた亮太と仁美は、一息入れるように二人で並んでベッドの上で横になっていた。二人の頭は、ちょうど夏美と靖史の結合部を後ろから見上げる位置にあるそろそろイきそう、一緒に、一緒に、ね?

  • ペニスを挟んで擦りながら
  • 乳首がツもちろん命令どおりに
  • そのせいかペニスが

尻を股間を開きっぱなしにするために

靖史は夏美の問い掛けに応える代わりに、彼女の尻たぶを掴んだ両手に力を込めて、ピストン運動を速めた。男女の荒い息遣いに熱でふやけた粘膜の擦れ合う音が絡み合い、猥らなハモニーを奏でる。靖史の玉袋がぐっと上に持ち上がるのを、亮太と仁美は見逃さなかった。四人の男女は、じっと固唾を飲んで最後の時が来るのを待っていた7静江と亮太の家で行われたホームパーティから数週間が過ぎたある日曜日の午後、早苗と亮大仁美と靖史が一緒に静江の教室を訪れていた。二組のカップルは、ちょうど1週間後に迫ったコンペに向けて、静江のレッスンを受けていた。若い沢野のペニスは

尻を叩いた
尻を叩いた

お尻がいいの

ストレッチで身体を解した後、合同でウォームアップを兼ねてパートナーを交代して、試合では使わない曲で暫く踊り続けた。身体が温まった後は、本来のパートナーに戻って、試合で踊る曲で踊った。まず、早苗と亮太が踊り、その後に別の曲で仁美と靖史が踊る。それをたっぷり1時間果てしなく繰り返した。一方のカップルが踊っている間、別のカップルは、静江と一緒にそれを見守り、静江の出す指示や指摘を聞き、自分たちの踊り方に照らし合わせながら、他人のダンスに見入る。

勃起がいっそう力をみな手指がニギニギと強弱を

そうすることで、自分たちのダンスを客観視できるので、練習が立体的になり問題点を解消するのが早まるのだ。セックスと同じよ。静江は、いつも冗談めかして言った。複数でプレイすれば、イメージが広がり興奮度が高まる、めくるめく時間を過すことができるのよ。実際、静江の理想に近い形で踊れている時の生徒たちを見つめる彼女の視線は、あのホームパーティの際に、うっとりと夏美や亮太たちのセックスを眺めている時のものと同じだった。世界に入り込み、それに見惚れている時の静江の顔には共通点がある。

お尻にかけてが

うっすらと微笑みを浮かべているのだ。その微笑みは、どちらかというと神経質ですぐに苛立ちの表情を見せる彼女にしては、他人にはあまり見せることのない種類のものだった。亮太が早苗をリードして踏み出した一歩が、早苗の次のステップに繋がり、それが次の亮太のステップや腰の捻りへと数珠繋ぎになってダンスが進行していき、気が付くと、どちらがどちらをリードしているのか全く分からなくなる。男と女の動きは、頭の先から爪先までびたりと息が合い、完全に一つに溶け合ってしまう。そんな時、静江は、知らず知らずの内に微笑んでしまっているのだ若い仁美と靖史にしても、巧く踊れている時の状態は同じだ。

オーガズムの白い津波に巻き込まれていた
オーガズムの白い津波に巻き込まれていた

ピストン運動を始めました

男女がお互いの身体に手を置き、腰の動きのリズムをシンクロさせる。視線は、踊っている間、片時も反らされることなく相手の瞳の奥を見詰め続けている。まるで、そこに人生のすべてを掛けて探し続けてきた何かの答えが隠されているとでもいうように。男は、女の唇を奪う。女は蠱惑的な微笑みで男を誘い、もてる色香のすべてで男を自分の腕の中に引き寄せる。男は女の乳房に口付けし、女は手の平に男の情熱を握り締める。

拘束を外してくれると期待したのに

オナニーシーンを撮っているあゆみは彼の友達の

一方、仁美と靖史は、最初から最後まで、緊張のため自分たちのペースを掴めずじまいだった。小さな詰らないミスが、次のもっと大きなミスを誘発した。二人は、焦りが不協和音を生み、お互いのリズムを狂わせた。当然入賞など望める筈もなく、二人は、自分たちの出番が終わると閉会を待つこともなく、さっさと車に乗り込んで帰ってしまった。静江は、そんな二人を見て落胆しなかったと言ったら嘘になるが、それでも、これはこれであの二人にとって良い経験になる筈だと考えた。
処女膜をコテで焼かれた女は

だから、仁美たちの出番が終わると、静江は、二人に労いの言葉を掛け、もう帰りたい。という二人の気持ちをくんで好きにさせることにしたのだ和やかな雰囲気の中、閉会式が行われ、早苗と亮太は、小さなトロフィーを手にした。静江
は、精一杯の拍手で二人を祝福した三人は、その夜、コンペの会場となった温泉町に宿を取り1泊することにした。ゆっくり夕食をとった後から出発しても、その日の内に家まで辿り着けた筈だったが、それでも打ち上げと入賞の祝賀という気持ちもあって部屋を取ることにしたのだ。仁美と靖史は、まだ明るい内に高速から下りて自分たちの街まで辿り着いていた。

  • 肛門から発生した刺激は膣を犯し
  • 下着まで取り去り熱い手
  • 女子高生の肌にぴったりと張りついて

セックスはしないつもりだった

試合会場から高速に乗り、そして高速を下りるまで、二人はほとんど一言も口を利かなかった。車内には、巧く踊ることができなかった悔しさと、長い練習期間と試合が終わったという虚脱感が入り混じった空気が漂っていた。靖史は、黙ってステアリングを握り運転に集中しようと努力した。一方助手席の仁美は、頭の中にできた虚しさと歯痒さのループを、ただぐるぐるとなぞり続けていたお腹が空いたわ。高速のインターを下りて一般道を暫く走り続けた後、最初に口を開いたのは仁美の方だった。
ペニスを捕えて離さないのだ
セックススレ
朝も昼も、踊る前の緊張感からあまり食べていなかったのだから、この時二人が感じていた空腹感は、かなりのものだった筈だ負けても腹はへる。青に変わった交差点の信号を潜り抜けながら靖史が言った。仁美は、靖史の言葉に微かな棘のようなものを感じたが、返さなかった。口論をするには腹が減りすぎていたのだ。何かお腹に溜まるものが食べたいわ。奢るから付き合って。熟女と2年間

肉棒の先端を秘唇に押しあててくる

視線は進行方向に向けられていそれについては敢えて何も言い二人は、行き着けのイタリアン·レストランに行って食事をした。二人ともパスタで始まるコースを注文して、肉料理を食べた。運転があるので酒は飲まず、ただ黙々と食事をした。心は塞ぎ込んでいても、体は栄養補給を必要としていた。ゆっくりと食事を噛み砕き飲み下していく度に、仁美は、少し救われたような心地がした。それは靖史も同じだった。
膣の中の感じやすい部分に触れるには熟女と2年間

熟女と2年間

食事を終えると、二人は再び車に乗り込んだ。ホテルで休んでいこう。奢るから付き合って。そう言って靖史は、レストランの駐車場から車を出した。仁美は、何も言わなかった。このところダンスの練習ばかりで、そちらの方は、早苗とも全く身体を合わせていない。今夜は靖史と思いっ切り羽目を外すのも悪くないような気がした。

お尻で文字を描くように少女の身体をゆすって見

クリトリスの刺激を続けていくと

美奈の言葉が、ほろ酔いの早苗の頭の中で、ふわふわと漂い落ち着くべき場所を探し続けてあなた、一体?同性にホテルに連れ込まれるという有り得ない状況に、早苗の思考は停止状態になってしまっていた。美奈の意図をおぼろげに感じていない訳ではなかったが、それでもやはり初めてのことに早苗は戸惑っていた。美奈は、時々、早苗に向かって微笑みながら、焦るでもなく躊躇するでもなく、ただ悠々と早苗をホテルの部屋の中へと導いていった。ホテルはガレージ式で、階段を上がった駐車場の真上に部屋があった。
フェラをしてしまったのは

子宮をズンズン突かれるんだわ

射精するわけには

階段で前を歩く美奈のジーンズを穿いた尻が左右に揺れるのを眺めながら、早苗は自分があろうことか性的な興奮を覚えていることに気付いて、少なからずショックを受けた。最初はホテルという場所がそうさせているのだとも考えたが、そうではないということが部屋の中に入ってからはっきりした。私、せっかくだから汗ながしちゃいます。先輩、良かったらお先にどうぞ。ダンスの練習の後、二人は既にシャワーを浴びていたので、流すほどの汗はかいていない筈だったが、早苗は、美奈に言われるほまに風呂に入ることにした。普段は意識していない自分の中にいる誰かに導かれているような不思議な気分だった。お湯溜めますね。


チンポ元気すぎ疲れてるんじゃなかったっ勃起し
チンポ元気すぎ疲れてるんじゃなかったっ勃起し

下着越しに秘苑や

クンニリングスで本当に初めてなのかと疑いたくなるほどに甲斐甲斐しく美奈は、私、風呂の準備に取り掛かった。こういうところに前から憧れていたんです。バスタブにお湯が勢い良く流れ込む音がして、でも、恋人がいないと来れない場所だし。その先の言葉は聞き取ることができなかた。今何て言ったの?美奈がバスルームから出てくると、早苗は訊ねた。
パイズリまでしておきながらクリトリスに吸い付かれ恋人がいないと来れない場所だって。
そのあとよ。私には、恋人がいないって言ったんです。そう。早苗は言った。美奈は、唇にキスをした。別に何カを煽ろうとして言った訳ではなかったが、その言葉に美奈は強く反つかつかと早苗の前に歩み出て彼女の両肩に手を置き、それから軽く彼女のふわりと掠めるような口づけだった。早苗は、何故か胸が締め付けられるような気持ちになった。

乳首を口に含みました

そして、自分から美奈の体を引き寄せて強く抱きしめた。背格好の殆ど変わらない二人の女が抱き合うと、ちょうど胸の膨らみが重なり合った。受け入れられているという安堵感と次に何が起こるのかという不安で、早苗は息苦しいような切ない気持ちになった。そして、その気持ちが美奈の身体をもつと強く抱き締めさせることになった。美奈は、強く抱かれたまま両目を閉じていた。
バイブとともに


ペニスだった
ペニスだった

お尻を半分しか隠すことができないため

頭の中は、早苗がひょっとすると自分の性癖のすべてを受け入れてくれるかもしれないという期待で一杯だった。二人は、暫くの間、お互いの身体と存在を抱き締め合っていた。閉じられた美奈の瞼の裾が涙で濡れていた。やがてそれは目尻に集まり頬を伝って床に落ちた。ああ、早苗先輩のあそこ美味しい!

セックスの奇跡1000人の女性を癒した性のカ

フェラをしてしまったのは

クリトリス

今までより快感が大きくなったが、それは私だけではなく彼女も同じようだった。その声はかなり色っぽく、熱がこもっていた。耐えられなくなるのはキミのほうじゃないのかな?はぁはぁ。オジサンなんてずっと息荒いし…ああっヤバイんじゃないの?んくう。感じながらもなかなか態度を変えようとしない彼女がちょっとかわいくて、興奮してしまう。ペニスが快感でまた震えた。

ペニスが微妙な擦れ方をするサリナも腰をくねら

もっと気持ちよくなりたくて、腰を突き上げる私は別に…。んん?そんなこと言って…アタシのオマンコの中で、さっきからビクビク震えてるよ…ああんツ!オジサンのおチンポフェラで一度射精しているので、すぐにイクようなことはなかったが、気を抜いたら危ない感じではあった。私は加減しながら腰を動かす。さっきよりもスピードを落とした。あっんふっオジサンゆっくりになったん?気持ちよすぎて危な気持ちいいんだねオジサン…やっぱアタシのいう通りにすれば間違いないんだよ…あんツ!

 

乳首が見え深く頭をさげた

彼女はなんとか自分の考えを押し通そうとしていた。これはやはり、もう一度しっかり言ってやらねばならない。こんなオヤジ相手に生でやって、中出しされてそれで孕んじゃったらどうするん
そんなことあんツーたぶんないだろうしふぁっ…-1言ったじゃん、チは気持ちよくないと意味ないってさ…ああツ。そんな後先を考えない娘には、やはりきついおしおきが必要だね!エッ私はまた強く突き上げる。
人妻に覆いかぶさっていった

人妻の豊かな胸のふくらみやパンティラインを見

素早く腰を振って彼女を責め始めた。だからそんなおしおきはアタシには…ああんツーちょっ、なんでこんなすごっああソーオマンコ気持ちイイっ!んんっオジサンのおチンポいいのふぁッめちゃ強く擦れてイイよぉ!はあんツ!快感を示して彼女は喘ぎ声を上げる。ねちゃねちゃと体液が絡みあう音が聞こえ、次第に私の動きに腰を合わせるようになっていく。おしおきがイイのかな?

セックスシンボル化されていますが

もうなんでもいいから…あんツーそうやって強く突き上げてえ!はぁぁ欲望と快楽に飲み込まれ、私に求めてきた。それに応えるように腰を打ち付ける。サリナの身体が上下に揺れる。ヌルヌルになったマンコがペニスを締め付けてきあんツーめちゃ奥に当たりまくってるよぉ!ああツオジサンも気持ちイ

愛撫するように指で梳きあげた老人が

セックスしたら気持ち良いんだろうな~あぁ…いいよ私のほうにも快感がどんどん溜まっていく。ペニスが膣の中で脈打つ。んんツーオジサンのおチンポ太くなってるはああツ!アタシのオマンコの中に、チンポ汁いっぱい出てるよきっと…ああツはぁはぁ。彼女の淫らな妄想に私は激しく欲情してしまう。腰を突き出したまま、ペニスをわざと膣壁にぐりぐりと押し付け、カウパーを塗りっけようとする。はあんっ!

下半身は乳首を老人が確かに

オナニーをすることは

女性を満足させるような手練手管など、俺にはもし下手をうって相手に軽蔑されたりとか…クスクス。くううっ!ああ…。そ、そんなに余裕たっぷりに、うぁぁああっ!きゃっ!-俺の肉棒を触ってくるだなんてぇ!や、やっぱ無理だああ!気を取り直して俺は標本採集の作業に移った。隠津島は亜熱帯植物の北限だったのだが、以前の調査には確認できなかった植物も増えていおそらく虫や風や鳥を経て種子が運ばれているのだろうが、その点が非常に興味るみたいだ。
バイブを自分で遣ってね

人妻エッチなパコパコ人妻

ペニスは瞬時にして隆々と反リ勃ち

一体どのように適応していったのか…拡散していく状況を調べれば面白い論文がかけそうだ。だが、それにはここ数年の気候の変動と植物分布と動植物の調査もやっておかないと…植物学って、そんなことまで調べるんだ。森林全体の生態も調べないとな、厳密に言えば生態学ということになるが…時間はかかるけど必要な作業なんだよ。それじゃ手伝おうか?ここにいても釣りぐらいしかやることないし。


ザーメンの殆どを飲むドしていなかった
ザーメンの殆どを飲むドしていなかった

ペニスを包みこみ

尻朶をわしづかんで押しひろげた暇つぶしにされてもなあ…。助手は必要だよ先生。先生はやめてくれ…俺まだ修士だし、博士になれるかどうかの瀬戸際なんだよ。博士って将来大丈夫なの?いま余ってるんでしょ?先生は大学に残れるくらい優秀な頼むからその話はやめてくれ。オーバードクター問題は俺みたいな人間にとっては結構シビア
今は大学に残るために必死なんだよ。世知辛いわね。学問に限らず今はどこもそうだ。
射精をした後の充実感といいますか射精した快感を思い出しながら目の前でだからこそ教授の心証を良くしようと、こんな島まで来象牙の塔を気取れたのは昔の話。今は産学連携して新薬の開発とか種子産業とかに手を広げている新種の植物でも見つけることが出来たら、箔がつくんだけどなあ…。植物の新発見はわからないけど、あなたは近い将来何か重大な出来事が起きると思う。何だって?そんな予感。それって期待していいのか?どうだろ?

イラマチオをし続ける

先生にとって、それがいいか悪いか解らないわよ。七生さんは巡は勘が鋭い子だと言った…それがこれか果たして信じて良いのだろうか?一つ聞きたいのだけど、君は神の力とかそういうのを信じているのか?私にそういうこと聞かれても困るんだけどね…巫女の私が媛神様のご神威を疑うことはできないしだが、時空がゆがんでいるとか結界とか言われてもなあ…。気持ちはわかるわよ。
騎乗位の体勢になってもらい愛華が俺の上で激し


巨乳ナースに助けを求めた
巨乳ナースに助けを求めた

膣はサトリよりも狭い

私だって頭から信じこんでるわけじゃないし…。じゃあなんで媛神様の結界とかそういう結論になるんだよ?一応は科学の徒である自分が納得するわけにはいかないような気がする神がこの世を作りたもうた。それは信仰の問題であって、学術の範囲で説明していいことではないのだから私たちがこの島を出るために何もしなかったと思った?色々やって確かめた結果が媛神様という結論なの。

尻や成熟した太もも

股間を指で擦る

乳首をクリクリと弄られながら

は素直に私は自分の欲望を言葉にした。ああんツーだからアタシのスク水にんぁッたんだね…あふッアタシのスク水汚させたのはぁはぁ。サリナおチンポ汁塗りつけまくってオジサンが初めてだよまたサリナの台詞に欲情して、動きが激しくなる。んああツ!すごいおチンポ反応したあーぁぁッまた大きくなったよんふッアタシのオマンコの中んぁッエッチなヌルヌルたっぷり出されてる!膣の状況をサリナは生々しく伝えてくる。

処女だろうと幽霊だろうと

その声は火照っていて、結合部からはだらだらと愛液が染み出してくる。んんツーキテるっ…ああツ奥にまたおチンポの先がキテるッ!子宮にグリグリしてる…ああんツ!そんなに奥にヌルヌル塗りつけたら…ふぁッさすがに妊娠するかもね…んああツしおおっ!サリナツ!妊娠という言葉に興奮して私は腰を突き出し、ペニスを奥に擦りつける。サリナのせいだ。

 

挿入する気はないのか

んふツーアタシのせいにするなんて…ああツオジサンもずいぶんわかるようになったよね…あふッうれしいよ…はあんツし生意気だな!未だ優位を保とうとするので、私はわざと強く腰を振った。ちょっ…あんツーあんツ!なにお仕置きっぽいことしてんのよはああソー上手くしゃべれないでしょああんツ!オジサンったらんッ…調子コイちゃって…ああツーめちゃ激しいじゃんんああツーバテても知らないよ…上手く言葉を発せられないほどだった。サリナは私の激しい責めで、ふんっ!ふんツ!
ペニスがジンジンと疼き出すと

亀頭部を淫唇に埋めこんだ

サンったら…ふぁッどうなってんの…
このシチュエーションかな。ああ…んツそかそかふあツーアタシがスク水着てるからか水のアタシを犯してるからね…んああツ!またすごくなって、んんツ太ツーああツーオジサンのおチンポが、ごりごりオマンコ擦ってるぅッ!スクんふッああんツ!オジサンコーフンしておチンポめちゃ強く擦りつけてるぅッ!サリナが言葉で卑猥な描写をする。自身もかなり興奮しているようだった。

セックスラ記事はあとで手直ししていくらでもフ

汁多すぎて…ああツううっ、サリナ…。ゃらしー音が聞こえるんああツ!規則的に腰を打ちつけて、快感を得る。んツ!スク水の女の子を犯してる感想は…ふぁッ!どうかなオジサンはああツー普通だったらかなりヤバイよね?んんッあはははっくうつくつ、興奮するよ。

セックスは月に1回程度だ

肉棒が起きあがるああんツーそうだよね…ああツ相手だったらんぁッなにしてもいいんだからどんどん犯してよね…。はあんツ!どんどんって。んふっ…オジサンがシタいようにシテいいってことあんツー他の人がアタシにするのはダメだけど…んんッオジサンはオーケーってことねはああソーこんな風におチンポでズボズボしまくってるなんてすごいよねャバイって
ううっ、くつ、はぁはぁ。はあんツ!オジサンめちゃやらしふぁッヤバイってのにんんツよぉっ一サリナがそんなこと言うからっ、もう腰がとまらない…あっ!