奴隷以下に扱っている

エッチを愉しむ

いつものように頭を撫でようとすると、左右に首を振って触られるのを拒絶した。ウソッ、そんなのウソだわぁ。知らないうちに無理やり妊娠をさせるなんて酷いわぁ。人工授精なんてあんまりよ3おや、おやあ、うちの結衣ちゃんは、誰かに悪知恵を付けられたようだねぇ。知ってしまったなら、しょうがないねぇ。結衣のお腹には、もうお爺ちゃんとの愛の結晶が息づいているんだよう。

  • オマンコで童貞
  • ペニスとの間には
  • 射精波を抑え込みながら

ペニスを締めつける

結衣がどんなに泣いても嫌がっても、もう手遅れなんだからねぇ。慣れた手つきでストッパーを外した老人が、ゆっくりと車椅子を押し出した。
脱走の果てに十三歳の少女を乗せて廊下に出た車椅子は、小児産婦人科病棟に戻った。通り過ぎ廊下の角を曲がると、大きなガラス窓の填った明るい場所に出た。いつもの待合室を新生児室。の表示は、生まれてまもない赤ちゃんを保育するための部屋である。下着をつけていたからだ

チンポミルクで真っ白にしちゃっていいかあぁあ
チンポミルクで真っ白にしちゃっていいかあぁあ

射精するまで

コットと呼ばれる小さなベビーベットが並べられ、ピンクの毛布にくるまれて眠っている姿を目にすると思わず頬が弛んだ家族がガラス越しに面会できるよう広くなっている廊下に車椅子を止め、ていると、白衣姿の男が入ってきて一人の赤ん坊を抱き上げた。室内の様子を眺め否、コットに寝かされていたのは、赤ん坊などではない。結衣とあまり年格好の変わらない思春期の少女である。赤ちゃんに見えたのは、両足とも膝から下が喪失していて、身長が半分ほどに縮んでいたからである。白いマスクを掛けた男の腕に抱かれている少女は、両手にも同様の障害を負っているようだった。

股間でまたいやらしい音を立てる

ヒラヒラのフリルで飾ったベビードレスを着せられていたが、両手とも肘から先の無いことがはっきりと見て取れたここはねぇ、新生児室といって、退院の許可が下りないのに勝手に逃げようとした患者が入れられる病室なんだよう。二度と逃げることができないように、お手々もアンヨもナイナイされてしまうから、生まれたての赤ちゃんにそっくりだろう。白衣の医師が、むずかる新生児を診察台に寝かし純白のベビードレスを開くと、外科処置を施された痛々しい姿が露わになった。手術を受けた部位をレースで作られたカバーで包み美しく飾り立てられていたが、施設からの脱走を防ぐための見せしめであることは誰の目にも明らかであった男の指が紙オムツのテープをはがし始めると、弱々しい抗いが始まった。

女子高生は動きを止めなかった

身体だけは、無力な乳児の状態にされていても退行処置などは施されておらず、心は思春期の少女のままに留め置かれているのであろう。ぶ厚いガラスに遮られて室内の音はまったく聞こえてこなかったが懸命に赦しを乞うていることがはっきりと判った。嫌ツ、お爺ちゃまあ。男が白衣の前をはだけた途端·車椅子の中から怯えの声が上がった。手術用の青いマスクで顔を覆い目だけをのかせている男は、下着を身に着けていないようだった。左右に拡げられた白衣から、隆々とした男根が姿を現したのである

ペニスを挿入するつもりはなかったというより香
ペニスを挿入するつもりはなかったというより香

ペニスバンドから振動がもろに伝わってくるよ

ほうら、ちゃんと見てないといけないよう、結衣。AIHを嫌がって逃げようとする子はああして直接、子胤を注ぎ込まれるんだよ。察台に寝かされた少女が、外科手術を受けた四肢をゆらして嫌がっている。まるで仰向けにされた亀のように弱々しい抗いであるイヤ、イヤあ、こんな酷いこと、見てられないわァ。挿入行為が始まった。男根を少女の縦割れにあてがい、ゆっくりと腰を押し進めたのである。

下着らしきものを手にしてバスルームに入って藤

肉棒を咥えて艶めかしい表情を浮きたてた顔が

逞し弾力と、からみつく襞のざわめきが、貫く屹立した雄に貫かれ、英次を昂ぶりに導き始めた。気持ちいい…。とき、えつらく英次を締めつけて先を即す。静穂は悦楽に意識をたゆたわせながら、本当に好きにやるぜ?本能のまま腰を激しく突き上げた英次はモノを一番奥まで押し込んだ後、ああつーぁぁっしエラのように張ったカリで柔肉を擦り上げられ、静穂は甲高い声を上げる。
乳首を布の上からくりくりと撫でてきた

オマンコがべとべとの大洪水じゃないかこの淫乱

股間を拭いて上げもせずに

太もも同士が当たるたび、白い豊満な乳房がゆさゆさと前後に揺れる。胎内から溢れ出た悦びの雷が脊髄を駆け上り、静穂の脳をピンクに灼いた。いかづちせきずぁぁっっ。もりほおを真っ赤に上気させ、打ち込まれた雄の銛を愛おしみ、ん、はぁっ、んっ、すごく、気持ちいいッ。静穂が激しく腰を振る。静穂の蠢くようにどん欲に腰を振り、英次を貪り尽くす。襞が英次のペニスに吸い付いた。俺も、気持ちいいぜ…っ!


エッチなことに興味はあっても
エッチなことに興味はあっても

亀頭が収まっている

お尻も女陰もワンピースの前ボタンがすっかり外痒く痺れた内壁を抉られるたび、めすしゃろかん牝のぬかるんだ肉の触感が亀頭を刺激し、痺れるような甘い射痛感に喘ぎ始める。英次は静おお穂に覆い被さり、乳首を口に咥えた。あ、あアソー。身もだえした静穂の膣がペニスを舐めあげ、神崎クン、神崎クンツ、神崎くぅんツ!奥へと導くように収縮するゆみぞ静穂は背中を弓反らせ、腹筋を痙攣させる。英次の抽挿がだんだん大きく、そして早くなっていく。あっ!ああつ!あっ!
下着らしきものを手にしてバスルームに入って藤挿入しはじめました静穂は全身を紅潮させ、弱々しく首を振る。胎内で生み出された欲望が全てを焼き尽くし一気に悦楽の沼に引き入れる。静穂はただの牝と化し、雄の象徴を愛し続けた。もっとつーアアン、もっとぉ、びりびり欲しいのぉッ!しょうちょう吸い付き動くような淫肉の蠢きに、腰をグラインドさせ、静穂は膣全体で英次を味わう。次は限界へと一気に突き進んだ。

股間の疼きはますますひどくなっていた

ひっ、ひっ、ひいつーイっちゃう、生徒のチポで、英チポでイっちゃうッ!ちつひだしゅんどう牝の全身が収縮し、膣襞をペニスに巻き付きながら蠢動する。英次の凶器はぷくりと膨れ、膣の最深部でいっそう太さを増した。中は、だ、ダメェツー中はだめぇッ﹂静穂は泳ぐように尻を上下させながら、英次を深々と咥え込む。ダメと言いながら、一番奥すずくちまで雄を招き入れる。
乳首を布の上からくりくりと撫でてきた


クリトリスが転がされると
クリトリスが転がされると

セックスを想像せずにはいられないだろう

理性と本能が争いながら、子宮口に金口を擦り浸けていた。あかし俺の証を注いでやるぜ!全部飲み込めょッ!戸惑いながらも、英次の動きは止まらない。出してッ、たっぷり出してエッ!
静穂が激しく腰を踊らせながら、臍に手を押し当てる。るような摩擦熱が英次を責め立てる。一滴もこぼすなよっ!?つつ!

奴隷向きの身体だな

射精するとオナホールで童貞脱出しちゃいますよ

処女を卒業させられたのでした

あれは男の乳首、男の乳首、男の乳惜しい…!首ふふ…。ちらりとこちらを覗き見た巡が、淫靡に笑った気がした。先生、ひょっとして見たいの?な、何を?男の娘のムネ。なっ!先生は男の娘のおっぱいでも興奮しちゃう人?おおっぱいって、男の娘が?男の人が興奮したら、それは胸じゃなくておっぱいだよ先生。ぐっ!そ、その格好で先生はやめろ!どうして?

股間からは微かに汗の臭いがした

いけないことしてるみたいでコーフンしちやうから?ぐぐぐっ!やばい、けっこう効く巡みたいな小さな子相手だと、マジで教師と教え子みたいで、妙に興奮してしまう!ふふっ…どうしちゃつたの、先生?ぐっ!やばい、すっごい破壊力。さっきまでそんなそぶりをまったく見せなかったのに、惑してくるんだこいつは…なんで誘これ以上踏み込まれると…まずい頼むからそれ以上近づかないでくれ!

 

マン汁と合わさって

へえキスした相手に随分な言い方ですね。なっ!急に口調が変わった。まただ、この切り替わり方はひょっとして…あんた、媛神か!はい、面白そうなので、出てきちゃいました。
どおりで、巡にしては妙に態度がおかしいと思ったんだ。てことは、さっきからの微妙な誘惑は、全部あんたの差し金なのか。可愛かったでしょ?
チンポを入れなきゃならなくなるんだぜ

股間のモノは充血し

巡ちゃんの小悪魔モードなるほど…もしかして、巡の予知した肉体的接触とはこれのことか?男の娘もいいな。とか思ってくれるとこちらも助かるんですけどそんなことない!男に誘惑されても俺はちっとも嬉しくないから!そうですか?あの時はあんなに喜んでいたじゃないですか。ぐっ!一瞬、過去の不覚が俺の脳裏をよぎった。

下半身に掛けていました

ふふ…前に言いましたけど、あなたがここに来たのもすべては必然なのです。男なのにオチンホのついた男の娘を愛することができる、特殊な才能があるんですよ、あなたはひ、人を変態みたいに言うな!いくら男の娘とはいえ、相手は男なんだ。俺はノーマルだ。セックスも恋愛もちゃんと、女の子を相手にしたい。ここではそうやって男の娘に勃起する、はしたないオチ。

愛撫しはじめるため

下半身は乳首を老人が確かにいいじゃないですか変態さんでもボのほうが、皆に喜ばれますよ?くすくす三人とも、幸人さんのオチホで可愛がってもらいたくて、うずうずしてるはずです。そのワリにはみんな俺に手を出してこないじゃないか。それはですね。みんな幸人さんがこの生活に慣れるまで、余計な刺激を与えないように控えていたんですよ。ですけど、もう三人とも幸人さんとエッチなことしてしまった後。

下半身は乳首を老人が確かに

オナニーをすることは

女性を満足させるような手練手管など、俺にはもし下手をうって相手に軽蔑されたりとか…クスクス。くううっ!ああ…。そ、そんなに余裕たっぷりに、うぁぁああっ!きゃっ!-俺の肉棒を触ってくるだなんてぇ!や、やっぱ無理だああ!気を取り直して俺は標本採集の作業に移った。隠津島は亜熱帯植物の北限だったのだが、以前の調査には確認できなかった植物も増えていおそらく虫や風や鳥を経て種子が運ばれているのだろうが、その点が非常に興味るみたいだ。
バイブを自分で遣ってね

人妻エッチなパコパコ人妻

ペニスは瞬時にして隆々と反リ勃ち

一体どのように適応していったのか…拡散していく状況を調べれば面白い論文がかけそうだ。だが、それにはここ数年の気候の変動と植物分布と動植物の調査もやっておかないと…植物学って、そんなことまで調べるんだ。森林全体の生態も調べないとな、厳密に言えば生態学ということになるが…時間はかかるけど必要な作業なんだよ。それじゃ手伝おうか?ここにいても釣りぐらいしかやることないし。


ザーメンの殆どを飲むドしていなかった
ザーメンの殆どを飲むドしていなかった

ペニスを包みこみ

尻朶をわしづかんで押しひろげた暇つぶしにされてもなあ…。助手は必要だよ先生。先生はやめてくれ…俺まだ修士だし、博士になれるかどうかの瀬戸際なんだよ。博士って将来大丈夫なの?いま余ってるんでしょ?先生は大学に残れるくらい優秀な頼むからその話はやめてくれ。オーバードクター問題は俺みたいな人間にとっては結構シビア
今は大学に残るために必死なんだよ。世知辛いわね。学問に限らず今はどこもそうだ。
射精をした後の充実感といいますか射精した快感を思い出しながら目の前でだからこそ教授の心証を良くしようと、こんな島まで来象牙の塔を気取れたのは昔の話。今は産学連携して新薬の開発とか種子産業とかに手を広げている新種の植物でも見つけることが出来たら、箔がつくんだけどなあ…。植物の新発見はわからないけど、あなたは近い将来何か重大な出来事が起きると思う。何だって?そんな予感。それって期待していいのか?どうだろ?

イラマチオをし続ける

先生にとって、それがいいか悪いか解らないわよ。七生さんは巡は勘が鋭い子だと言った…それがこれか果たして信じて良いのだろうか?一つ聞きたいのだけど、君は神の力とかそういうのを信じているのか?私にそういうこと聞かれても困るんだけどね…巫女の私が媛神様のご神威を疑うことはできないしだが、時空がゆがんでいるとか結界とか言われてもなあ…。気持ちはわかるわよ。
騎乗位の体勢になってもらい愛華が俺の上で激し


巨乳ナースに助けを求めた
巨乳ナースに助けを求めた

膣はサトリよりも狭い

私だって頭から信じこんでるわけじゃないし…。じゃあなんで媛神様の結界とかそういう結論になるんだよ?一応は科学の徒である自分が納得するわけにはいかないような気がする神がこの世を作りたもうた。それは信仰の問題であって、学術の範囲で説明していいことではないのだから私たちがこの島を出るために何もしなかったと思った?色々やって確かめた結果が媛神様という結論なの。

尻や成熟した太もも

肉棒が抜けて

射精に導いたのだまるで竜宮城に連れてこられた

なるほど、よくわかった…ところで、もう一つ質問があるのだけど下着は女物はいてますけど?違うよ馬鹿!ってパンツはいてるのぉ?なんてね、気になります?油断した、あまり相手のペースに乗せられないようにしよう。ランブオイルや、薬はわかるのだが…なんだこの銃って?しかも何でトカレフ?それは護身用です。だから、なんで護身用に銃が必要なんだよ。

  • 奴隷のごとく扱うようになった朝のゴミ出しなん
  • 下半身を反り上げていく
  • 下着姿になったひかりが俺を誘ってくる

尻に打ち下ろした

島に獣がいるなんて聞いてないぞ。獣じゃなくて対人用ですから。対人?どっかの国のせいで、急に人がいなくなる事件ってありましたよね。特に日本海側とか。なるほど…対人用かだから、きたちょう…。言わなくていい!分かってるよ、全部言わなくていいから!可能性は少ないけど、半島には近いし一応用意しときました。お尻から飛び出してた金属棒がベルトにあたって

熟女AVとしては面白い
熟女AVとしては面白い

膣内の状況を細かく口にして興奮していた

俺はこれの入手経路のほうが疑問だよ。鉄爺が取引してる、知り合いの中国人と交換したらしいです。ああ見えても顔広いんでどういう知り合いで、何と交換したのだろう?疑問は募るが、それを尋ねる勇気はなかっ中津島か…ここは俺の想像している以上に、ディープスポットだったらしい。
それからおよそ11時間後…そろそろ、先輩、見えてきましたよ。

股間をわずかに抜ける風の頼りなさが

隠津島の島影が見えてくると思うんだけど青の線上にぽつんと浮かぶ黒点が見る見る大きくなって、それはやがて島の緑を反映させてあれか…。神の住む伝説の島が目の前に現れた。ようやくだなあ…思ったより遠かったぜ。しかし…ふと見ると、響が空を見て厳しい顔をしている。どうした響?空の様子が変です。雨か?いえ雨どころか、もしかして時化になるかも…そんなこと解るのか?

尻を鞭打つ隆が遠慮がちに打擲していると

あまり変わらないように見えるけどしかし、海も空も今はとても穏やかで崩れるような気配すら窺うことが出来ない。思ったよりも、雲の流れが速いこの分じゃすぐに崩れます。先輩、上陸を急ぎましょう。響が急いでエンジンを回そうとした。そう言って、ブシューあれブシューひょっとしてトラブル?エンジンをさらに急がそうとしたのだが、プスンと言って動かなくなってしまった。そうみたいですね。嘘だろ、なんでこんな場所で!

尻とはまるで別物に見えた一回り大きな量感だけ
尻とはまるで別物に見えた一回り大きな量感だけ

尻の丸みを手のひらで

ブシュ必死にエンジンをかけようとしているのだが、さきほどからうんともすんとも動かない。ゴロゴロッ!なんだ、いきなり雷が!おいおい、マジで雲行きが怪しくなってきたぞ。もう、しょうがないですね!はいこれ!オール渡してどうするつもりだよ。急いで漕いで!島までもうすぐだから!マジで?だから急いで!こんな小さい船はひとたまりも無いですよ!おいおいまじかよ…うおおっ!

バイブを自分で遣ってね

チンポ太くなったよね

水道局の不興を買えば業界紙の経営に影響が生じかねない。それだけに幕間らは丁寧な言葉遣をしていても腹の底では自分たちの発表記事を書かせる下請け業者のようにみていた。水道局のおかげで禄にありついている人間が局長の噂をいいことに逆ねじを喰らわせるようなことは以ての外なのであろう。それが幕間の表情に出ていた。局長がおられたら顔を出しておきたいんですが気まずくなればその人物の上司と面談しておけばそれが緩和されることを裕也は業界記者として心得ていた幕間はんう。と微妙な顔をしつつ会議室を出て総務課に戻り、かめて局長室入り、すぐに出てきたどうぞ。

ペニスが激しく脈打った瞬間

局長秘書に在室かどうか確幕間はそう言っただけだ。局長秘書が開放されているドアをノックし、裕也の名前を告げた。一年四ヶ月前、就任早々の局長インタビューをしていたし、局長室には一ヶ月に一度は顔を出し、用がなくとも雑談する間柄になっていた。暑くて取材のほうも大変でしょう。この暑さで水道使用量はうなぎのぼりです。気温の上昇と電力消費量、水道使用量は相関関係がありますね。

 

ザーメン出してくれるんじゃない

水が売れるのはありがたいんですが、ピ
ク時の使用水量に合わせて施設整備から職員の配置までしなければならないので、ところがありますよ痛し痒しの伊知地は裕也にソファーをすすめ、如才なく接する。事務系役人特有の人当たりの良さを身につけている。白髪まじりで身長百六十七、八㎝の細身であり、局長としての威圧感や威厳がなかった。一見、地味な仕事をこなしてきた課長級に見えた。
オナニーしたことさえあっ康雄にそん康雄に命令

奴隷なのよね

局長歴一年四ヶ月で五十四であることから、水道局長から総務局など主要部局の局長に異動したのち副市長に抜擢されるのではないかといった声もあり、幕間だけでなく他の職員も大物局長として気を遣っていた。海野さんのことで大変ですね。彼女、広報担当として他都市と情報交換や付き合いもあって、多くの方から弔電やお悔やみの手紙をいただきました。歴史に興味を持っていたのは聞いてましたが、山辺の道に一人で行くほどの歴史好きとは思いませんでした。場所によったらマムシがいたり人通りのすくないところがあるらしいですね。現場は山辺の道のルートからはずれた土手道で、山に用事のある地元の人ぐらいしか通らないさみしいところのようです。

セックス記録も一緒にハメ撮り動画付きで超宇宙

親しくしていた総務課の職員が現場を訪れて花を手向けたと聞き、いいことをしてくれたと思いました。海野さんの御霊もいくらかは慰められたことでしょう海野さんと食事する機会がありましたが、物事に慎重な品のいい方だっただけに、こんな事にという話しもあるようです。ほう、そうですか。新聞やテレビは一人行動と報じていますが、の情報ですが真柄記者から聞いた話で、くわしいことは分からないのですが、しいことを言っていたようです。

射精した直後でぐったり疲れていた

クリトリスの全体像までさすがは記者さん、逆に取材されたんですね。それは捜査機関かなにかから聞き込みに来た刑事がそれらと伊知地は腕時計にちらっと目をやった。裕也は局長室を出た。幕間が自席からこちらを見ていたが、裕也はかるく会釈したまま総務課を出た。幕間を介して局長に会った場合、局長との話の内容を報告していたが、何かさぐるような目つきがうっとうしく、それに亜希子と伊知地局長の噂をぼかすために真柄を利用し、食事の噂をひろめようする嫌みなやり方が癪にさ事件は死体が腐敗していたため、殺害方法も確とせず、捜査資料に乏しい難事件となった。死体現場は土手からおよそ十が下の斜面の茂みの雑草地であり、足跡も採取できなかったが亜希子の死体付近から亜希子以外の頭髪三本と陰毛四本が得られていた。

射精をした後の充実感といいますか

ペニスをきつく吸いあげてからだまま

胡座の中で若鮎のように躍動する孫の抗いを楽しみながら、さも持て余したような口調で女中に命じた。もちろん、何もかも初めから決めていたとおりの行動であるかしこまりましたぁ。すぐに、お支度を…。主人の嗜好を心得ている女中が、さっそく医療用の手袋をはめた。カチャとピンセットを操り、滅菌ガーゼを敷き詰めていく。嫌ツ、お爺ちゃまア。怖いことは、しないでェ。

エッチの前段階まででも

膿盆を取り出し、カチャ綿球を消毒液で湿らせるツーンとした臭いが辺りに漂い出すと、胡座の中にダッコされている桃子が、堪えきれなくなったように叫んだ。今までの赤ちゃんゴッコとは、明らかに違う不気味な仕度である。何をされるのか知れぬ不安が、怖さを増幅するのだった。よし、よし、桃子ちゃんに導尿をしてあげるだけなんだから、ちっとも怖いことなんか無いんだよいい子にしてれば、すぐに終わるからねぇ。思春期の赤ちゃんを膝に抱いている祖父が、愛しそうに頭をなでた。

 

オナニーの癖を思い出して

薬液の刺激臭が、注射を連想させるのであろうか。小児科の治療を赦してもらおうと親に甘える、幼女を思わせるような仕種がたまらなく可愛かった。ドウニョウ?ドウニョウってぇ、いった何をするの?ふぉッ、ふぉッ、ふおう、うちの桃子は、導尿をされたことがないんだねぇ。お浣腸と違って、普通の女の子が導尿をされる機会なんて、そうそう無いからねぇ。ゆるして、お爺ちゃまア。
セックスをしたがるようになる

股間がペニスを未央の女芯にゆるゆると

いい子にしますから、そんなのしないでェ。老人の口をついたお浣腸。という言葉に、強制排泄の羞恥と辛さが生々しく蘇ってきた。ドウニョウという行為が、どんなことをするのか全く知らなかったが、それが浣腸以上に恥ずかしい行為であることは、老人の思わせぶりな口調からはっきりとわかるのだった。ほれ、ほれぇ。そんなに、騒いだりしたらいけないよう。導尿は、桃子ちゃんのために必要なことなんだからねぇ。

痴漢したときの印象では興奮するタイプの感じだ

ほうら、菊代が、カテーテルを取り出すところだよう。よく見ててごらん、あれを使って導尿をするんだよう。細長い袋の封を切った女中が、中から紅いゴム管を引き出した。カテーテルである彎、彎、怖いことなんか、しないでェ。後端が、二股になった留置ピンセットにつままれたカテーテルが、太いミミズのようにくねるのを見て、十三歳の赤ん坊が怯えの色をあらわにした。

尻肉を撫でまわした

膣圧測定用のシリコンを自分で抜き取るとウフフッ、ちっとも怖いことなんかありませんのよう。菊代が、桃子ちゃんの尿道にピッタリの留置カテーテルを選んで差し上げましたからねぇ。十一フレンチの少し細めのカテーテルですから、導尿が初めてでもスルリと入りましてよう。豊富な医療経験を誇示するような手つきで液状ワセリンを塗布しながら、に言い添えた恐怖感を煽るようふぉッ、ふぉッ、ふおう、やっと桃子ちゃんも、わかってくれたようだねぇ。

若い沢野のペニスは

尻を振り乱している

なかなかかわいいと思って、私は気をよくした。気持ちいいのか?ジサンめちゃオマンコに、イタズラばっかりして…くぅぅッ!はぁはぁ。快感を堪えきれない感じだが、それをあからさまに表すことができないらしい。私は親指の腹を肉、に当てて擦り始めるイタズラか、じゃあココも。ひあツ?ああツ!サリナは一瞬驚いたような顔をして、そのあと一際喘ぎ声を響かせた。
肉棒が抜けて

ペニスを擦った

ピストン運動すればするほど

敏感な部分なので刺激が段違いだったのだろう。どんどん私の責めはエスカレートしてサリナを追い詰めていく。いいかげん、オジサンぅぅッ!さてこっちもあるな。弱音を吐きそうになっているサリナに、私は追い打ちをかける。もう一方の手の指を蕾に当てたのだった。


ザーメンミルク全部捧げちゃうよぉっ
ザーメンミルク全部捧げちゃうよぉっ

肉棒が震えセックスの仕方や体位などまで当然

フェラの練習したんだからねそのままゆっくりと直腸に挿入していく。ひあツ?ちょっああツー指、挿入れないで…んんツー!そこはマジヤバイから…んああツ!アナと膣を同時に刺激し続け、サリナを昂ぶらせていく。コとお尻でイッ…。サリナの身体がなにかの前触れのように震えだしていた。
膣穴のあたりもくすぐってやる痴女とはいえ私は指の動きを一切止めずに、しつこく言葉責めを続ける。なんだわからないぞ。イクツーらめぇぇツーんああツー!
ぶるぶるっと痙攣しながら、サリナが絶頂に達した。膣から勢いよく潮を吹き生暖かい体液が私の腕とシーツに飛び散った。はぁはあくうっ…ああツ。思い切りイったね。

奴隷の金はご主人様である俺のものだ康雄と清が

だ、ダメってんっはぁはあいったのにい…。荒々しく息を吐きながら拗ねたようにいうサリナ。すごく悩ましげな目つきをし達したばかりだというのに、サリナは物欲しそうな顔で私を見つめ、私はサリナに、卑猥な懇願を促すことにする求めてきた。サリナどうした?んん?…シテシテ欲しいならはっきり言うんだ。くうッシテよぉ。喉の渇きを潤すように欲しくて堪らないようだが、羞恥心が残っているらしく、サリナはぼそぼそと呟く。
膣襞を押し割り


ペニスを凝視していたのだ
ペニスを凝視していたのだ

愛撫し始めていた今や二人亮太の

私はそんな様子にゾクゾクしながらサリナを言葉で責めん?なんだって?大きな声で言わないと聞こえないな。は、早くおチンポ挿入れて!ああツーオジサンのおチンポぶちこんで!サリナは下品で淫らなお願いを私に向かって叫んだ。私は勃起したペニスを、膣の入り口に擦りつける。コレか?コレが欲しいのか?

挿入していったくツー

オマンコの中に漏れたのかな

ペニスを再び口内に引きこみ

男たちが離れていくと、わたしはその場に崩れ落ちました。精液のニオイ、男たちのニオイ。自分が噴き出した淫汁にまみれています。もっと欲しいの。亜由美はみなさんに犯してほしいの。この世界こそ、わたしの世界なのです。
拷問部屋わたしが快感に浸りながら、男に抱きついている間に、舞台に腰より少し低いぐらいですが小さいものの頑丈な木製の台が用意されました。
下半身丸出しのエリート女刑事に好奇の視線を送

膣口がイソギンチャクのようにキュッとすぼまり

下着をつけた素晴らしいプロポーションをした裸

見知らぬ客たちが舞台にあがってきます。男だけではなく、東洋系の人、白人、黒人。いずれも身なりはいいのです。台の上で四つん這いにされ、彼らに体を触られます。なにか言葉をかけてくれるのですが、よくわかりません。とかなにか、悪態のようです。顔を触られ、口の中、乳房、性器、お尻の穴まで、彼らはわたしの存在を確かめるように、触りまくります。


オナニーをしなくてはならない
オナニーをしなくてはならない

クリトリスも

尻を見つめているだけで治りきっていない傷にも触れますバーチャルな存在だったわたしに触れることも、彼らには楽しいらしいのです。写真も撮られます。今日、亜由美に触ったぞ、とでもブログに書くのでしょうか。それともツイッターでつぶやくのでしょうか。このまま触るだけではすまないでしょう。油のようなものを垂らされて、みんなが塗り込んでいくのですが、それはしだいに体を熱くさせていくのです。
下半身は乳首を老人が確かにふだんの瑠璃子が着けているのを見たこともないいわゆる媚薬なのかもしれません。皮膚からなにかが染み込んでいくのです。誰のともわからない指をしゃぶると、甘酸っぱくて、すごくおいしい。そしてふわっと暖かくなっていきますだらしなく開いている粘膜にも塗り込められていきます。乳房、乳首もカッカしてきます。そのためか皮膚の傷とか、釣りなどで痛めた筋肉などまでも、回復していくような気がしてきます。大きな絶頂を味わったはずなのに、貪欲になっていくわたしの体。どうかなってしまいそうです。

オナニーになぞらせるよりも興奮した

わたしが感じて、くねくねしているのが客たちにはおもしろいのでしょう。誰かがピシャッとお尻を叩きました。笑い声が起こります。なにをしてもいいんだぜ。ぶっ叩いてやらないと。そうよ、いやらしいわ。そう言ってるように聞こえます。
やさしく触り、揉む人たちから、徐々にわたしを叩く人が増えていきます。ピシャ、パシャ、バチン。
下半身が動いた


人妻の色気が加わったのだ
人妻の色気が加わったのだ

オナニーを見せてはいけないだけど

叩く場所と叩き方で、いろいろな音が響きます。あっ、くつ、うつ。痛みもさまざまです。お尻をつぎからつぎへと、叩かれます。だんだんその力が強くなっていきますバシン、バシンと頭に響くほどの強さになっています。あうっ、ひいいつ、くうう。だからこそとても感じて、うめいてしまうのです。すると客たちは喜んで、さらに叩きに来ます。うれしいの?

クンニリングスだ