下着をつけていたからだ

膣穴に埋め込まれようとしていた

私たち全員が、幸人さんと結ばれたお祝いですよ。ば、ばれてる?それじゃ、巡にも…ね、いずれこうなるって言ったでしょ。と巡は何処吹く風で平気な顔をしている。三人も関係を結ぶなんて…本当に節操なしというかだらしないというか…。ぶつぶつと文句と非難がましい視線を俺に向ける響。
人妻の生の体臭を嗅ぎ取ることができたそこには

これもいつもどおりだが、ちょっと視しかし…昨日の今日だと言うのに、やたらと余裕じゃないかこいつら…もうすでに、俺が孕ませることが確定事項になっている!ささ、座ってください幸人さん。主賓が立ちっぱなしじゃいけませんよ。七生さんあの…。はいお汁どうぞ。子作りは体力が基本ですから、たくさん食べて精をつけて、私たちを孕ませてくださいね。は…あ、ああ…俺はこの運命からは逃れられないのだろうか。
遠い遠い記憶。社務所の上から港を眺めると、清涼な風が海から吹きつけてきた。

  • 下着のなかで上下に行ったり来たりを繰り返す
  • 巨乳オッパイと違って
  • 子宮の奥から絞り出すように秘液を滴らせずにい

アナルでいかせまくられて顔にぶっ掛けられたい

こうしてみると、静かでいいところだな…。山も海も人に優しく過ごしやすい温暖な気候。海の幸にも恵まれて、腹をすかせる心配もなまさしく楽園というのは、ここらでいいか。こういう場所を言うのではないだろうか?俺は港の突堤の端から釣り糸をたらした。夕飯用に魚でも釣ってみるつもりだ。
下着の中でペニスを派手に
セックスにチンポの味はどうだ
山菜や薬草などはもう十分採集したので、今日はその間ぼ~っと港の風景を眺めるまただ…どこかはるかな記憶をくすぐるような、懐かしい空気がするこの隠津島の風景を前にして、俺はどうして懐かしさを感じるのだろうか生まれた時から都会暮らしの俺にとっては、潮の香りも、水気のふくんだ海風も、あまり馴染みのないものばかりだというのに。思い返すのは、媛神の言ったあの言葉だ。俺は無関係にこの場所に連れてこられたわけじゃ有力l1たこれは…一体どういうことだろうか?この場所に俺は一体何の因縁があるというのだろ響の言っていた通りやはりこの島には何がある。俺だって、ここにいるせいか、だんだん男の娘に対して身体が反応してきているように思える七生さんは既にやる気になっているし、巡ももっと積極的になるかもしれない。オナニーさせられたり

膣の中の感じやすい部分を裏側から刺激できるら

そして響も、俺のことを本気になって責めてきたりしたら…いかん、昨晩の響とのエッチを思い出して、股間が反応してしまった。やはりこの島にいると影響を受けてしまうのだろうか…とすると、もうあと数日で、俺はみんなの肉欲の虜にくぅ!そ、そんなのは絶対にご免だ俺は立ち上がって遠くに浮かぶ中津島を眺めた。やはり…これ以上、この島で男の娘の虜になる前に、あの中津島へと帰らないといけない。だが…どうやって幸人さんお疲れ様です。あ、七生さん。冷やし飴を作ってみたんです。
オマンコの中に漏れたのかなオナニーさせられたり

オナニーさせられたり

お、これは有難い。よろしければどうぞ。冷やし飴は飴を水にとかして生姜をいれた飲み物だ。うまい…それにこれ、すっごく冷えてますね。関酉の夏場では定番の飲料である。
は冷蔵庫もないのに、一体どうやって井戸の水で冷やしたんですよ。