フェラをしてしまったのは

クリトリス

今までより快感が大きくなったが、それは私だけではなく彼女も同じようだった。その声はかなり色っぽく、熱がこもっていた。耐えられなくなるのはキミのほうじゃないのかな?はぁはぁ。オジサンなんてずっと息荒いし…ああっヤバイんじゃないの?んくう。感じながらもなかなか態度を変えようとしない彼女がちょっとかわいくて、興奮してしまう。ペニスが快感でまた震えた。

ペニスが微妙な擦れ方をするサリナも腰をくねら

もっと気持ちよくなりたくて、腰を突き上げる私は別に…。んん?そんなこと言って…アタシのオマンコの中で、さっきからビクビク震えてるよ…ああんツ!オジサンのおチンポフェラで一度射精しているので、すぐにイクようなことはなかったが、気を抜いたら危ない感じではあった。私は加減しながら腰を動かす。さっきよりもスピードを落とした。あっんふっオジサンゆっくりになったん?気持ちよすぎて危な気持ちいいんだねオジサン…やっぱアタシのいう通りにすれば間違いないんだよ…あんツ!

 

乳首が見え深く頭をさげた

彼女はなんとか自分の考えを押し通そうとしていた。これはやはり、もう一度しっかり言ってやらねばならない。こんなオヤジ相手に生でやって、中出しされてそれで孕んじゃったらどうするん
そんなことあんツーたぶんないだろうしふぁっ…-1言ったじゃん、チは気持ちよくないと意味ないってさ…ああツ。そんな後先を考えない娘には、やはりきついおしおきが必要だね!エッ私はまた強く突き上げる。
人妻に覆いかぶさっていった

人妻の豊かな胸のふくらみやパンティラインを見

素早く腰を振って彼女を責め始めた。だからそんなおしおきはアタシには…ああんツーちょっ、なんでこんなすごっああソーオマンコ気持ちイイっ!んんっオジサンのおチンポいいのふぁッめちゃ強く擦れてイイよぉ!はあんツ!快感を示して彼女は喘ぎ声を上げる。ねちゃねちゃと体液が絡みあう音が聞こえ、次第に私の動きに腰を合わせるようになっていく。おしおきがイイのかな?

セックスシンボル化されていますが

もうなんでもいいから…あんツーそうやって強く突き上げてえ!はぁぁ欲望と快楽に飲み込まれ、私に求めてきた。それに応えるように腰を打ち付ける。サリナの身体が上下に揺れる。ヌルヌルになったマンコがペニスを締め付けてきあんツーめちゃ奥に当たりまくってるよぉ!ああツオジサンも気持ちイ

愛撫するように指で梳きあげた老人が

セックスしたら気持ち良いんだろうな~あぁ…いいよ私のほうにも快感がどんどん溜まっていく。ペニスが膣の中で脈打つ。んんツーオジサンのおチンポ太くなってるはああツ!アタシのオマンコの中に、チンポ汁いっぱい出てるよきっと…ああツはぁはぁ。彼女の淫らな妄想に私は激しく欲情してしまう。腰を突き出したまま、ペニスをわざと膣壁にぐりぐりと押し付け、カウパーを塗りっけようとする。はあんっ!