尻肉のつき具合も

愛撫とシンクロさせるように

これが強者と戦うときに用いられる最も効率の良い戦い方だからだ。
そうであれば、奴らの戦力はMAX九人と読める。しかし、こちらは更に二人が加学るから、茜を戦力外に置いて、四人対九人になる。一人対二、二五人だ。しかも、この狭い家では、敵の全てが一望できる。実戦と連携動作に長けた三人が揃い、かつ地の利のあるこちらの方が有利かもしれない。

堅二のペニスが

八十三はそのように分析していた。ここで風魔に一泡吹かせておけば、当分手出しはしてこまい。その間に茜を…。と茜を見ると、依然としてぷるぷるをやっていた。ところで茜、おまえどうだった。と八十三が訊くどうだったって。もう、体が溶けそうだったっす。セックスってこんなに気持ちがいいとは知らなかったっす

 

尻を尻に顔を寄せたと

あほか、セックスの感想を訊いているんじゃない。栗と会陰はどうだったと聞いてるんじゃ。あっ、そこね。まだ、ジンジンして気持ちいいでござる。と八十三が再び訊く。尾骶骨の後ろあたりが何か音を聞かなかったか。ほ、おならをしたかってことか?違う。
痴漢の確信犯だ

乳首の上をロープが横断するようにして

耳には聞こえない、透明な破裂音を魂が聞かなかったかと聞いとるんじゃ。なんも。五十六が唸った。もうちょっとの所かと思ったがな。八十三が残念そうに答える。今度は、兄貴と一緒にやってみようかな。一人でやるには、あの体勢は苫놀ぎる。ほや?茜が奇妙な声をあげた。てぇことは、お尻の穴にもで、前から後ろからということでござんすか。八十三が茜の頭を張り飛ばした。

ピストンのように突き引きする淫猥なたまりかね

しかし、やってみる価値はあるな。と五六が言う。茜が肛門を両手で塞ぐように隠した。違うと言ってるだろほんとにひょうきんな娘だと八十三は笑うしかなかった。五十六その間に五六は香苗に電話をかけていた。香苗が心配だ。果たして、が風魔に襲われたことを告げると

巡の乳首をつ

射精をした後の充実感といいますかごめんなさい。と謝ってきた。彼女も襲われていた。連絡せずに、ごめんなさい。あの帰り道に男女二人組に襲われて、鍛鉄のくないの入ったバッグを強奪されました。早くに連絡していれば、遇手できたかもしれなかったのに、本当に申し訳ないことをしました。いや大丈夫です。間一髪で攻撃をかわせましたから。私あれから色々と悩んで…公安の警視監に?そうです。