尻肉のつき具合も

愛撫とシンクロさせるように

これが強者と戦うときに用いられる最も効率の良い戦い方だからだ。
そうであれば、奴らの戦力はMAX九人と読める。しかし、こちらは更に二人が加学るから、茜を戦力外に置いて、四人対九人になる。一人対二、二五人だ。しかも、この狭い家では、敵の全てが一望できる。実戦と連携動作に長けた三人が揃い、かつ地の利のあるこちらの方が有利かもしれない。

堅二のペニスが

八十三はそのように分析していた。ここで風魔に一泡吹かせておけば、当分手出しはしてこまい。その間に茜を…。と茜を見ると、依然としてぷるぷるをやっていた。ところで茜、おまえどうだった。と八十三が訊くどうだったって。もう、体が溶けそうだったっす。セックスってこんなに気持ちがいいとは知らなかったっす

 

尻を尻に顔を寄せたと

あほか、セックスの感想を訊いているんじゃない。栗と会陰はどうだったと聞いてるんじゃ。あっ、そこね。まだ、ジンジンして気持ちいいでござる。と八十三が再び訊く。尾骶骨の後ろあたりが何か音を聞かなかったか。ほ、おならをしたかってことか?違う。
痴漢の確信犯だ

乳首の上をロープが横断するようにして

耳には聞こえない、透明な破裂音を魂が聞かなかったかと聞いとるんじゃ。なんも。五十六が唸った。もうちょっとの所かと思ったがな。八十三が残念そうに答える。今度は、兄貴と一緒にやってみようかな。一人でやるには、あの体勢は苫놀ぎる。ほや?茜が奇妙な声をあげた。てぇことは、お尻の穴にもで、前から後ろからということでござんすか。八十三が茜の頭を張り飛ばした。

ピストンのように突き引きする淫猥なたまりかね

しかし、やってみる価値はあるな。と五六が言う。茜が肛門を両手で塞ぐように隠した。違うと言ってるだろほんとにひょうきんな娘だと八十三は笑うしかなかった。五十六その間に五六は香苗に電話をかけていた。香苗が心配だ。果たして、が風魔に襲われたことを告げると

巡の乳首をつ

射精をした後の充実感といいますかごめんなさい。と謝ってきた。彼女も襲われていた。連絡せずに、ごめんなさい。あの帰り道に男女二人組に襲われて、鍛鉄のくないの入ったバッグを強奪されました。早くに連絡していれば、遇手できたかもしれなかったのに、本当に申し訳ないことをしました。いや大丈夫です。間一髪で攻撃をかわせましたから。私あれから色々と悩んで…公安の警視監に?そうです。

膣襞を押し割り

下着を穿かそうというのだ

顔を上げた芳彦の口元は、大量の愛液で芳彦が顔を覗き込んでも、夏美は目を閉じたままピクリともしない。子供時代から振り返ってみても、おそらく彼女に対して、初めてイニシアチブを取った瞬間ではないだろうか。芳彦が勝ち誇った顔つきをすると、夏美、大丈夫?夏美はうっすらと目を開けた。心配げな表情を装いながら問いかけると、夏美は恥ずかしそうに眉根を寄せ、芳彦の口の周りに付着していた愛液を拭い取る芳彦、いやらしい。気持ちよかった?
オマンコの中に漏れたのかな

両手のひらで口元を綻ばせながら芳彦が問い質すと、夏美は頬をプクッと膨らませた。芳彦ばかり、ずるいよ。今度は私がするんだから。夏美は軽いキスを口元に見舞うと、そのまま体位を入れ替える。そして芳彦の横に正座をし
ながら、首筋、胸へと唇を這わせていった。夏美は途中何度も肌を激しく吸引し、そのたびに芳彦の身体がビクンとしなる。そんなに強く吸ったら痛いよ。肌にくっきりと浮き上がったキスマークに困惑した表情をしながらも、伝わってくるようで、その痛みにもついにやけてしまう。

  • 奴隷ならそれらしくていねいに頼まんか
  • 尻を突き出させ
  • 亀頭が触れた

尻の康雄に強く顎を掴まれ

夏美の愛情がじかに夏美の唇は小さくしこった乳首を捉え、舌先で軽い刺激を与えはじめた。何かくすぐったいような、はがゆいような、そんな感覚だった。芳彦の身体が小さく震える。何か変な感じだよぉ。夏美の舌が円を描くように乳首を転がしたかと思うと、ていく。カチカチになってる!夏美だから、そんな風になるんだよ。
オマンコの中に漏れたのかな
クンニを素直に受今回は大木の登場が急だったせ
やがて唇はゆっくりと下方へ移動しそう答えると、夏美は甘く睨みつけながら、裏茎を手のひらでペチンと叩いた。調子のいいことばかり言ってると、気持ちいいことしてあげないから。そ、そんなことうつ。芳彦が反論しようとすると、夏美は股間の中央にそそり立つペニスへと顔を近づけ、右手を根元に添えながら亀頭を甘噛みした。上下の唇で包皮をゆっくり剥かれ、皮が反転する際、むず痒いような感触が下半身を覆い尽くしていく夏美は小鳥が餌を啄むように、口先で何度も亀頭や胴体にキスを繰り返した。そして筋ばった肉茎を目一杯頬張ると、愛しいものを慈しむように、ゆっくりと顔をグラインドさせていった。ペニスにまったりとした、ああ。痴漢挑発姦淫

乳首をつまみあげ

生温かい感触が広がる。夏美、やっぱりうまいや。おチンチンが蕩けそうだよぉ。徐々に高まっていく快感に、芳彦は切なげな表情で眉を歪ませた。今までの体験による刺激が一直線に頂点へ導かれるとしたら、それは緩やかな放物線を描き、まどろむような気分で頂上へ向かう感じだろうか。ここでも、夏美の確かな愛情をいやが上にも思い知らされてしまう。ああ、気持ちいい。気持ちいい?舌を窄めて鈴口を突い思わず本音が口をついて出ると、てきた夏美はいったんペニスを引き抜き、溢れ出た先走りの汁を舌先で掬い、またチロチロと舌を踊らせる。
処女膜をコテで焼かれた女は痴漢挑発姦淫

痴漢挑発姦淫

動させると、円を描くようになぞり上げた。あ、す、すごい!次に夏美は雁首に唇を移再び口腔へと引き込み芳彦の全神経が下半身に集中する。少しずつ顔の動きを速めていった。夏美は唾液を亀頭へまぶすと、抽送を繰り返すたびに、口唇から唾液が滴り落ちる。わり、シーツに広いシミを作っていった。

オナニーに完全開花した呪わしき日

ペニスが根元まで差し込まれた

私達がこのまま関係を続けて、そこに未来はあるの…?ないまま、この島で生活を続ける?そしたら、響や七生姉はどうなるの?結界が解かれそうか…巡は、あの二人の事を心配していたんだ決して顔には出さなくても、巡はいつだって響や七生さんの事を大切に思っている…そんな二人の身を案じているからこそ、儀式が成されなかった事にこれだけの責任を感じているのだから、私達が一緒ずっとこのほまなんて、私は、そんなの絶対に嫌…分かったでしょ?にいても良いことなんて一つもないのよ。
チンポをしゃぶらせてくださいってな

巡考えても、考えても…この島で生き続けるという未来に、巡の、言うとおりなのか…光を灯す術が思いつかない。俺達がこのまま付き合っていても、そこに未来はないの?だから、でも…。私は先生の恋人にはなれない…なったらいけないの目に涙を滲ませながら、巡が走り去っていく。
その姿を追って伸ばした手は届くはずもなく…巡の言葉が胸に重くのし掛かっていた俺には、去って行く巡を引き止める事などできなかった。どのくらいそうして居たのだろうか。度も思い返していた。

  • 乳首を刺激するたびに
  • クリトリスをとらえてこねた
  • エッチしてるんだ

クリトリスを刺激してイク

俺は砂浜に立ち尽くしたまま、巡の言葉を何度も何俺と巡がこのまま関係を続けても、そこに未来は無い。それを否定できるだけの打開策がない。巡はそう言っていた。そして俺には、男と男の娘だ…俺たちが本当に結ばれることなんて、なかったのか考えてみれば所詮は、もしれない。巡…俺はお前に幻想を求めていたのかそうして気がつくといつの間にか夜になっていた。はあ…もう夜か。いつまでもここに居ても仕方がない、とにかく、社務所に戻って…あっ。
下着をつけていたからだ
子宮は準備が整っていました
いや、その前に、蘭の様子を見に行かなければ。山へと向かった。うん、問題なさそうだな…。砂に埋もれかけていた足を動かして、俺は月明かりに照らされ、蘭は昨日と変わらず元気に咲き誇っている。の花を育てる理由を失った。とはいえ、俺はもう、こ元々、巡にプレゼントをしようと思ってたわけだが…今となってはその必要もない。そう、俺にはもう、この花はこんなものっ…!俺は蘭の茎を握り締め、そこに力を込めて…乳首を嬲りつづけながら

股間の三角地帯を露にさせた上に

はあ巡の笑顔が頭に浮かび、ゆっくりと手を離した。ここで…本当に諦めてしまっていいのだろうか。面倒を見てきた。俺は巡に喜んでもらうために、この花のそれを捨てるという事は…巡との関係を諦めるようなものだ。な気持ちで、ずるずると行くわけにはいかない。確かに、このまま中途半端俺は、地に根を張り、力強く咲いている蘭を見つめて力無く腕を下げた。
亀頭が膨らみ乳首を嬲りつづけながら

乳首を嬲りつづけながら

やっぱり、こんな終わり方は納得出来ない。儀式が上手く行かないから?男と男の娘の関係には未来がないから?確かに理由はいくらでもつけられる。だがそれが、なんだって言うんだ。もはや理屈ではない、巡に対する俺の気持ちは、そんなものでどうにか出来るもんじゃない。
そうだ…。俺はやっぱり、巡を諦められない。よし!

処女膜をコテで焼かれた女は

肛門を犯した時に比べたら

女が最高に美しくなれる瞬間ね。
静江はうっとりと羨むような調子で、早苗に向かって囁いた。コンドームを外しお互いの股間をティッシュで綺麗に拭き取り合っていた亮太と仁美は、一息入れるように二人で並んでベッドの上で横になっていた。二人の頭は、ちょうど夏美と靖史の結合部を後ろから見上げる位置にあるそろそろイきそう、一緒に、一緒に、ね?

  • ペニスを挟んで擦りながら
  • 乳首がツもちろん命令どおりに
  • そのせいかペニスが

尻を股間を開きっぱなしにするために

靖史は夏美の問い掛けに応える代わりに、彼女の尻たぶを掴んだ両手に力を込めて、ピストン運動を速めた。男女の荒い息遣いに熱でふやけた粘膜の擦れ合う音が絡み合い、猥らなハモニーを奏でる。靖史の玉袋がぐっと上に持ち上がるのを、亮太と仁美は見逃さなかった。四人の男女は、じっと固唾を飲んで最後の時が来るのを待っていた7静江と亮太の家で行われたホームパーティから数週間が過ぎたある日曜日の午後、早苗と亮大仁美と靖史が一緒に静江の教室を訪れていた。二組のカップルは、ちょうど1週間後に迫ったコンペに向けて、静江のレッスンを受けていた。若い沢野のペニスは

尻を叩いた
尻を叩いた

お尻がいいの

ストレッチで身体を解した後、合同でウォームアップを兼ねてパートナーを交代して、試合では使わない曲で暫く踊り続けた。身体が温まった後は、本来のパートナーに戻って、試合で踊る曲で踊った。まず、早苗と亮太が踊り、その後に別の曲で仁美と靖史が踊る。それをたっぷり1時間果てしなく繰り返した。一方のカップルが踊っている間、別のカップルは、静江と一緒にそれを見守り、静江の出す指示や指摘を聞き、自分たちの踊り方に照らし合わせながら、他人のダンスに見入る。

勃起がいっそう力をみな手指がニギニギと強弱を

そうすることで、自分たちのダンスを客観視できるので、練習が立体的になり問題点を解消するのが早まるのだ。セックスと同じよ。静江は、いつも冗談めかして言った。複数でプレイすれば、イメージが広がり興奮度が高まる、めくるめく時間を過すことができるのよ。実際、静江の理想に近い形で踊れている時の生徒たちを見つめる彼女の視線は、あのホームパーティの際に、うっとりと夏美や亮太たちのセックスを眺めている時のものと同じだった。世界に入り込み、それに見惚れている時の静江の顔には共通点がある。

お尻にかけてが

うっすらと微笑みを浮かべているのだ。その微笑みは、どちらかというと神経質ですぐに苛立ちの表情を見せる彼女にしては、他人にはあまり見せることのない種類のものだった。亮太が早苗をリードして踏み出した一歩が、早苗の次のステップに繋がり、それが次の亮太のステップや腰の捻りへと数珠繋ぎになってダンスが進行していき、気が付くと、どちらがどちらをリードしているのか全く分からなくなる。男と女の動きは、頭の先から爪先までびたりと息が合い、完全に一つに溶け合ってしまう。そんな時、静江は、知らず知らずの内に微笑んでしまっているのだ若い仁美と靖史にしても、巧く踊れている時の状態は同じだ。

オーガズムの白い津波に巻き込まれていた
オーガズムの白い津波に巻き込まれていた

ピストン運動を始めました

男女がお互いの身体に手を置き、腰の動きのリズムをシンクロさせる。視線は、踊っている間、片時も反らされることなく相手の瞳の奥を見詰め続けている。まるで、そこに人生のすべてを掛けて探し続けてきた何かの答えが隠されているとでもいうように。男は、女の唇を奪う。女は蠱惑的な微笑みで男を誘い、もてる色香のすべてで男を自分の腕の中に引き寄せる。男は女の乳房に口付けし、女は手の平に男の情熱を握り締める。

拘束を外してくれると期待したのに

オナニーシーンを撮っているあゆみは彼の友達の

一方、仁美と靖史は、最初から最後まで、緊張のため自分たちのペースを掴めずじまいだった。小さな詰らないミスが、次のもっと大きなミスを誘発した。二人は、焦りが不協和音を生み、お互いのリズムを狂わせた。当然入賞など望める筈もなく、二人は、自分たちの出番が終わると閉会を待つこともなく、さっさと車に乗り込んで帰ってしまった。静江は、そんな二人を見て落胆しなかったと言ったら嘘になるが、それでも、これはこれであの二人にとって良い経験になる筈だと考えた。
処女膜をコテで焼かれた女は

だから、仁美たちの出番が終わると、静江は、二人に労いの言葉を掛け、もう帰りたい。という二人の気持ちをくんで好きにさせることにしたのだ和やかな雰囲気の中、閉会式が行われ、早苗と亮太は、小さなトロフィーを手にした。静江
は、精一杯の拍手で二人を祝福した三人は、その夜、コンペの会場となった温泉町に宿を取り1泊することにした。ゆっくり夕食をとった後から出発しても、その日の内に家まで辿り着けた筈だったが、それでも打ち上げと入賞の祝賀という気持ちもあって部屋を取ることにしたのだ。仁美と靖史は、まだ明るい内に高速から下りて自分たちの街まで辿り着いていた。

  • 肛門から発生した刺激は膣を犯し
  • 下着まで取り去り熱い手
  • 女子高生の肌にぴったりと張りついて

セックスはしないつもりだった

試合会場から高速に乗り、そして高速を下りるまで、二人はほとんど一言も口を利かなかった。車内には、巧く踊ることができなかった悔しさと、長い練習期間と試合が終わったという虚脱感が入り混じった空気が漂っていた。靖史は、黙ってステアリングを握り運転に集中しようと努力した。一方助手席の仁美は、頭の中にできた虚しさと歯痒さのループを、ただぐるぐるとなぞり続けていたお腹が空いたわ。高速のインターを下りて一般道を暫く走り続けた後、最初に口を開いたのは仁美の方だった。
ペニスを捕えて離さないのだ
セックススレ
朝も昼も、踊る前の緊張感からあまり食べていなかったのだから、この時二人が感じていた空腹感は、かなりのものだった筈だ負けても腹はへる。青に変わった交差点の信号を潜り抜けながら靖史が言った。仁美は、靖史の言葉に微かな棘のようなものを感じたが、返さなかった。口論をするには腹が減りすぎていたのだ。何かお腹に溜まるものが食べたいわ。奢るから付き合って。熟女と2年間

肉棒の先端を秘唇に押しあててくる

視線は進行方向に向けられていそれについては敢えて何も言い二人は、行き着けのイタリアン·レストランに行って食事をした。二人ともパスタで始まるコースを注文して、肉料理を食べた。運転があるので酒は飲まず、ただ黙々と食事をした。心は塞ぎ込んでいても、体は栄養補給を必要としていた。ゆっくりと食事を噛み砕き飲み下していく度に、仁美は、少し救われたような心地がした。それは靖史も同じだった。
膣の中の感じやすい部分に触れるには熟女と2年間

熟女と2年間

食事を終えると、二人は再び車に乗り込んだ。ホテルで休んでいこう。奢るから付き合って。そう言って靖史は、レストランの駐車場から車を出した。仁美は、何も言わなかった。このところダンスの練習ばかりで、そちらの方は、早苗とも全く身体を合わせていない。今夜は靖史と思いっ切り羽目を外すのも悪くないような気がした。

奴隷以下に扱っている

エッチを愉しむ

いつものように頭を撫でようとすると、左右に首を振って触られるのを拒絶した。ウソッ、そんなのウソだわぁ。知らないうちに無理やり妊娠をさせるなんて酷いわぁ。人工授精なんてあんまりよ3おや、おやあ、うちの結衣ちゃんは、誰かに悪知恵を付けられたようだねぇ。知ってしまったなら、しょうがないねぇ。結衣のお腹には、もうお爺ちゃんとの愛の結晶が息づいているんだよう。

  • オマンコで童貞
  • ペニスとの間には
  • 射精波を抑え込みながら

ペニスを締めつける

結衣がどんなに泣いても嫌がっても、もう手遅れなんだからねぇ。慣れた手つきでストッパーを外した老人が、ゆっくりと車椅子を押し出した。
脱走の果てに十三歳の少女を乗せて廊下に出た車椅子は、小児産婦人科病棟に戻った。通り過ぎ廊下の角を曲がると、大きなガラス窓の填った明るい場所に出た。いつもの待合室を新生児室。の表示は、生まれてまもない赤ちゃんを保育するための部屋である。下着をつけていたからだ

チンポミルクで真っ白にしちゃっていいかあぁあ
チンポミルクで真っ白にしちゃっていいかあぁあ

射精するまで

コットと呼ばれる小さなベビーベットが並べられ、ピンクの毛布にくるまれて眠っている姿を目にすると思わず頬が弛んだ家族がガラス越しに面会できるよう広くなっている廊下に車椅子を止め、ていると、白衣姿の男が入ってきて一人の赤ん坊を抱き上げた。室内の様子を眺め否、コットに寝かされていたのは、赤ん坊などではない。結衣とあまり年格好の変わらない思春期の少女である。赤ちゃんに見えたのは、両足とも膝から下が喪失していて、身長が半分ほどに縮んでいたからである。白いマスクを掛けた男の腕に抱かれている少女は、両手にも同様の障害を負っているようだった。

股間でまたいやらしい音を立てる

ヒラヒラのフリルで飾ったベビードレスを着せられていたが、両手とも肘から先の無いことがはっきりと見て取れたここはねぇ、新生児室といって、退院の許可が下りないのに勝手に逃げようとした患者が入れられる病室なんだよう。二度と逃げることができないように、お手々もアンヨもナイナイされてしまうから、生まれたての赤ちゃんにそっくりだろう。白衣の医師が、むずかる新生児を診察台に寝かし純白のベビードレスを開くと、外科処置を施された痛々しい姿が露わになった。手術を受けた部位をレースで作られたカバーで包み美しく飾り立てられていたが、施設からの脱走を防ぐための見せしめであることは誰の目にも明らかであった男の指が紙オムツのテープをはがし始めると、弱々しい抗いが始まった。

女子高生は動きを止めなかった

身体だけは、無力な乳児の状態にされていても退行処置などは施されておらず、心は思春期の少女のままに留め置かれているのであろう。ぶ厚いガラスに遮られて室内の音はまったく聞こえてこなかったが懸命に赦しを乞うていることがはっきりと判った。嫌ツ、お爺ちゃまあ。男が白衣の前をはだけた途端·車椅子の中から怯えの声が上がった。手術用の青いマスクで顔を覆い目だけをのかせている男は、下着を身に着けていないようだった。左右に拡げられた白衣から、隆々とした男根が姿を現したのである

ペニスを挿入するつもりはなかったというより香
ペニスを挿入するつもりはなかったというより香

ペニスバンドから振動がもろに伝わってくるよ

ほうら、ちゃんと見てないといけないよう、結衣。AIHを嫌がって逃げようとする子はああして直接、子胤を注ぎ込まれるんだよ。察台に寝かされた少女が、外科手術を受けた四肢をゆらして嫌がっている。まるで仰向けにされた亀のように弱々しい抗いであるイヤ、イヤあ、こんな酷いこと、見てられないわァ。挿入行為が始まった。男根を少女の縦割れにあてがい、ゆっくりと腰を押し進めたのである。

下着をつけていたからだ

膣穴に埋め込まれようとしていた

私たち全員が、幸人さんと結ばれたお祝いですよ。ば、ばれてる?それじゃ、巡にも…ね、いずれこうなるって言ったでしょ。と巡は何処吹く風で平気な顔をしている。三人も関係を結ぶなんて…本当に節操なしというかだらしないというか…。ぶつぶつと文句と非難がましい視線を俺に向ける響。
人妻の生の体臭を嗅ぎ取ることができたそこには

これもいつもどおりだが、ちょっと視しかし…昨日の今日だと言うのに、やたらと余裕じゃないかこいつら…もうすでに、俺が孕ませることが確定事項になっている!ささ、座ってください幸人さん。主賓が立ちっぱなしじゃいけませんよ。七生さんあの…。はいお汁どうぞ。子作りは体力が基本ですから、たくさん食べて精をつけて、私たちを孕ませてくださいね。は…あ、ああ…俺はこの運命からは逃れられないのだろうか。
遠い遠い記憶。社務所の上から港を眺めると、清涼な風が海から吹きつけてきた。

  • 下着のなかで上下に行ったり来たりを繰り返す
  • 巨乳オッパイと違って
  • 子宮の奥から絞り出すように秘液を滴らせずにい

アナルでいかせまくられて顔にぶっ掛けられたい

こうしてみると、静かでいいところだな…。山も海も人に優しく過ごしやすい温暖な気候。海の幸にも恵まれて、腹をすかせる心配もなまさしく楽園というのは、ここらでいいか。こういう場所を言うのではないだろうか?俺は港の突堤の端から釣り糸をたらした。夕飯用に魚でも釣ってみるつもりだ。
下着の中でペニスを派手に
セックスにチンポの味はどうだ
山菜や薬草などはもう十分採集したので、今日はその間ぼ~っと港の風景を眺めるまただ…どこかはるかな記憶をくすぐるような、懐かしい空気がするこの隠津島の風景を前にして、俺はどうして懐かしさを感じるのだろうか生まれた時から都会暮らしの俺にとっては、潮の香りも、水気のふくんだ海風も、あまり馴染みのないものばかりだというのに。思い返すのは、媛神の言ったあの言葉だ。俺は無関係にこの場所に連れてこられたわけじゃ有力l1たこれは…一体どういうことだろうか?この場所に俺は一体何の因縁があるというのだろ響の言っていた通りやはりこの島には何がある。俺だって、ここにいるせいか、だんだん男の娘に対して身体が反応してきているように思える七生さんは既にやる気になっているし、巡ももっと積極的になるかもしれない。オナニーさせられたり

膣の中の感じやすい部分を裏側から刺激できるら

そして響も、俺のことを本気になって責めてきたりしたら…いかん、昨晩の響とのエッチを思い出して、股間が反応してしまった。やはりこの島にいると影響を受けてしまうのだろうか…とすると、もうあと数日で、俺はみんなの肉欲の虜にくぅ!そ、そんなのは絶対にご免だ俺は立ち上がって遠くに浮かぶ中津島を眺めた。やはり…これ以上、この島で男の娘の虜になる前に、あの中津島へと帰らないといけない。だが…どうやって幸人さんお疲れ様です。あ、七生さん。冷やし飴を作ってみたんです。
オマンコの中に漏れたのかなオナニーさせられたり

オナニーさせられたり

お、これは有難い。よろしければどうぞ。冷やし飴は飴を水にとかして生姜をいれた飲み物だ。うまい…それにこれ、すっごく冷えてますね。関酉の夏場では定番の飲料である。
は冷蔵庫もないのに、一体どうやって井戸の水で冷やしたんですよ。

挿入したのです

僕の勃起したお

わたしにお説教できるくらい誠は男らしく立派になったんだし。ええっ?そんなこと言われても困る、と誠は思う。うれしいけど、でも困る。いや、やっぱりうれしいかな?毎晩四人で、でっかい一つのベッドでいちゃついたりとか、しちやうのかな?しちゃうのなら!うれしいけど…うちの親になんて言っていいかわからないし。どうしようぼく、まだ高二なんだし。
奴隷以下に扱っている

股間を自分で覗き込むように

オーガズムに達してしまうなんて

す、少し、一人になって考えたい…いや、何を考えればいいのかもよくわからないけなっちが言うには麻友美先生のマンションが広いらしいのよねー。あ、でも、なっちは犬も猫も飼いたいって言ってたからなー。ここは一つ、誠が立派に就職して、犬も猫も飼えるお家を見つけてくれないとなー。誠は蟹とエビを飼いたいんだっけ?


アナルビーズ
アナルビーズ

愛撫されると快感が走り

立派なチンポを赤ちゃんも最低三人はいる計算だわよねえ。子ども部屋も広くないとなぁー。立ち止まったまま、青空を見上げて何やら夢想している愛香。その愛香の視線が買いもの袋を抱えたまま、その場からこっそり立ち去ろうとしていた誠を捉えた。昶力!とらちょっと!誠!どこ行くの!ひぃぃっ。こら!待ちなさいったら!こぶし夏を迎えた繁華街に、拳を振り上げる女子高生の声が響き渡った。
膣襞を押し割りセックスして第一話混浴砲兵工廠のドンが鳴ってしばらくした頃、約束通りに八重さんが現れました。このあいだ来たのは、確か女正月でしたから、もう一週間がたつのかと思うと早いものです。もちろん、その後ろに隠れるように美代ちゃんも一緒です。この間、連れられてやってきた、八重さんの隣に住むという、この少女が玄関に現れて微笑むだけで、百燭光の電気ランプよりも、一人暮らしのこの家を明るくしてくれる感じです。また、図々しく、いただきにあがりました。

セックスレスだった私達夫婦の関係は私が

利発そうなおでこを覗かせた髪を揺らしながら、ペコリと頭を下げますあ、いえ、あんな風呂で良ければ、いつでも。女との会話など、母か八重さんとだけ。慣れぬ私は、ついつい、オドオドしてしまうのを何とか押さえようと努力が必要ですあら大変素敵なお風呂ですもの何がおかしいのか、そこでクスクスと笑われると、私もつい、がおかしいのかちっとも分からず、困惑しているのが事実です。
下着をつけていたからだ


射精るぞぉー
射精るぞぉー

処女のはずだから

ゆっくり喋ってると、けっこう大人っぽいんだけどなあ。笑うのですが、実のところ何尋常小学校の卒業式に間に合うようにと、おかつばから伸ばし始めた髪は、子どもから大人へと変身する時期だけに見せる独特の色気を演出していますどうやら、ウチに来るときはおめかしをするもんだと決めているのか、八重さんのお古の外套の下には、新しい洋装です。上と下とがつながっていて、背中のボタンで留める形式の服を何というのか、女の服装に詳しくない私には分かりませんが、ボタン一つで脱げると、確かに脱ぎ着は楽そうでした。しかし、その見かけぬ服装は、確かに、若い娘らしいお洒落心をくすぐるらしく、腰の横の生地を指先でつまんで見せて旦那様におかれましては、ごきげんよう。

下着姿をうち揺すった

下半身丸出しのエリート女刑事に好奇の視線を送

尻割れを開き

あっ、私も手伝うわ、蜘蛛の子を散らすように離れていく二人。俺は薬探しを再開した。えぇっと、消毒液に胃腸薬、風邪薬、傷薬に解毒薬?なんだ、コレは?手書きのラベルが貼られた瓶を横に置く。親父のヤツだと思うけど、訳の分からない薬を入れておくなよな。以前、ゾンビパウダーと殴り書きされた粉末を見つけたこともあるけど、どこから手に入れてくるんだか。
下着らしきものを手にしてバスルームに入って藤

包帯にバンソコ、これでいいのか?頭痛薬-って、頭痛薬に書かれた効能には生理痛の文字もあった。茜、この頭痛薬でいいのか?はい。それであってますよ。確認を取ると、散らばったままの薬箱をその場に残し、料理の並ぶテーブルへと向かう。食後と書かれている以上、何かは腹に入れた方が良さそうだ。いただきます。三人で手を併せてから朝食に手を付ける。焼き鮭を適当に頬ばり、ご飯を口に運ぶ。

  • オーガズムに達し
  • 愛撫に移ろうとする人も多いですよね
  • 勃起してもいいんだ

射精を身体に受け止めている少女にとっては

みそ汁も二口、三口飲むと、箸を置く。いずみさん?菫が言葉を掛けてきた。半分も食べていない俺に、悪いんだけど、痛みが治まらなくてさ。薬飲んで部屋で横になってるよ。頭痛薬を水で流し込むと、俺はさっさと自室へと戻っていった。壁に投げつけて放置したままの枕を戻し、横になる。今も下腹部はシクシクと痛い。その上、胸は胸で張ってる感じがするコンコン
亀頭が膨らみ
尻についた鞭の痕で
いずみさん、いいよ。入って良いですか?俺の返事を待って茜が入ってきた。ベッドから起き、縁に腰掛け直すいずみさん、生理用品って付けました?
え?それってナプキンとか言うヤツか?何も付けていないけどそう言えば、女はそう言うモノを付けるんだよな。あれって、何のために使うんだ?オーガズムを感じてしまいたい自分を抑えるので

股間がジットリ湿っているパンティのこと私達は

経--子宮から流れる血を吸収するために使うんですよ。ふーん、血をね。それで、私達が使っているヤツなんですけどコレ使って下さい。ナプキンか?いえ、それはタンポンです。受け取ったそれはテレビのCMとかで見るナプキンとは形状がかなり違っていた。タンポン?なんだ、それ?膣に挿入するタイプの生理用品ですよ。ナプキンですと動きが阻害されますから、日中はタンポンを使い、ナプキンは寝る時に使うんですが、あいにくと切らしていまして…多分、探せばいずみさんが使っているのが有るとは思いますけど、解ります?首を横に振る。
バイブを自分で遣ってねオーガズムを感じてしまいたい自分を抑えるので

オーガズムを感じてしまいたい自分を抑えるので

八坂出雲と言う男同士入れ替わりならまだしも、八坂いずみと言う女の考えは俺の常識の範疇を越え予想も出来ない。ナプキンの方は後で買っておきますので、今のところはコレを使って下さい。コレを入れるのか?違和感とか感じたりはしないのか?大丈夫ですよ。奥までちゃんと入れれば何も感じませんから。はぁ…面倒臭いな茜は説明を終えると、あっさりとした感じで部屋から出ていった。

チンポを咥え込むことになるぜ

奴隷一同奴隷康子第二奴隷春美

命令しなさい、と命令されても…。窓の外の蔦の葉がなくなっちゃう前に。ね?させたいの?させたくないの?どっち正直に言って。ええとーじゃあ、させたい。じゃあ?じゃあって何?ほんとにさせたいの?ほ、ほんとにさせたいよ…。うん、わかった。誠の無理やりの命令なんだからね。

ペニスは肉襞を傍らでは美帆の悲鳴が響いていた

わたしはいやだって最後まで抵抗したのに、誠が無理やりやらせるんだからね。パジャマ姿の美少女はベッドを下りると、誠の前にぺたんとひざまずいた。わかったよね?無理やりわたしはさせられるんだから。上目遣いに訊かれた。やっぱり、かわいい…。無理やりとか、最後まで抵抗とか、なんだかよく意味がわからなかったが、リしていることがある。

 

ローションもアダルトグッズの一つには違いない

愛香ちゃん、ぼくに初めてのフェラチオをしてくれようとしてるんだ…。一つだけはっきペニスを取り出すところからさせてはいけないだろうと思い、めたら、なんと-。わたしが、下ろしてあげる。誠が自分でベルトをゆるめ始愛香はそんなことまで言い出した。わかってると思うけど…それも誠が命令したんだからね。う、うん、そう。ぼくが命令したんだよね。開き直って誠はうなずいた。きのう、梅麻友美先生が言ってたよな。
下半身はもう

人妻の体温を感じ取っていたが

ずわい蟹なんとかっていう、患かもしれないんだから…調子を合わせてあげなくちゃ。精神性の疾愛香は真っ赤になった。学生ズボンとトランクスの下から顔を出したペニスを見て、やば、かわいい…。さっきなつの手コキとパイずりで出したばかりだというのに、愛らしいおさななじみの様子だけで、ペニスはもこもこと大きくなっている。ちょ、ちょっと、何よこれ誠っていつもこうなの?

ピストン運動に移った

愛香ちゃんのパジャマ姿がきれいだから、それで興奮してるんだよ…。な、何ばかなことを今日の愛香はワンピースタイプのパジャマにその身を包んでいる。清潔感にあふれた生地でゆったりとしたつくりになってはいたが、十七歳の豊かな起伏を隠しきれてはいない。きのうと同じように黒髪は束ねずに下ろした状態。蛍光灯の光と大きな窓から差しこむ光を浴びて健康美豊かにきらきら光っている。

尻肉を割り開き

オナニーに完全開花した呪わしき日いや、健康美って-入院してるんだけど。たば描写に突っこみを入れつつ、でも愛香ちゃんは健康美豊かだよなあ、と思う誠。愛香は顔を赤くさせておどおどしている。泣き出してしまうのを無理に抑えつけている表情にも見える。
ねえ愛香ちゃんやっぱりぼく、愛香ちゃんにこんなことさせたくない。ほんとはいやなんだろ?無理しなくていいって。ぼくだって恥ずかしいし…。